所謂×××検束問題に就て


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「所謂×××検束問題に就て、一、所謂×××検束は実行せらるるでせうか、二、実行せらるるとしたら之についてあなたはどう御考でせうか」という問いに対する回答。

          山崎今朝彌
 一、馬鹿程××ものはない。冗談から駒が出る世の慣ひ。用心しないと(用心しても)キツトやりますよ。
 二、狂に持たせた××を×××げ、馬鹿に付ける薬を見付ける事です。尤も行政執行法違警罪即決例に限らず、法律は何でも無産者には×××のものと思ひます。
<以上は、山崎今朝弥氏が著作者である。>
<旧仮名遣いはそのままとし、踊り字は修正し、旧漢字は適宜新漢字に直した。>
<底本は、『布施辰治著作集第14巻』(ゆまに書房、2008年)、底本の親本は『法律戦線』(生活運動社)7巻11号49頁(昭和3年(1928年)11月1日発行)>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。