無産政党の無い選挙区において如何にすべきか?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無産政党の無い選挙区において如何にすべきか?
          山崎今朝彌
 既成政党倒かい反動内閣倒かいの屁の足しにもならないヨーな者許りの事もあると思ふ。其時は私は棄権します。
<以上は、山崎今朝弥氏が著作者である。>
<旧仮名遣いはそのままとした。旧漢字は適宜新漢字に直した。>
<底本は、『復刻版進め』(不二出版、1989年)、底本の親本は、『進め』(進め社)第6年4号(昭和3年(1928年)4月号)16頁>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。