反動団体に対する方策如何


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

反動団体に対する方策如何
          山崎今朝彌
 思想的に突撃を要する程の者が出た時は又其時の話、今の反動団体など歯牙にかけるに足らず、只先方が得意の暴力で突撃して来た時は、断乎としてやつつけるか又は奮然として逃げるかリンキ応変の処置をとる事也
<以上は、山崎今朝弥氏が著作者である。>
<旧仮名遣いはそのままとした。旧漢字は適宜新漢字に直した。>
<底本は、『復刻版進め』(不二出版、1989年)、底本の親本は、『進め』(進め社)第6年1号(昭和3年(1928年)1月号)22頁>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。