第33回新春かくし芸大会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新春かくし芸大会>第33回(1996年)

本放送:1996年1月1日(月)


概要

  • 1965年以来31年ぶりの生放送だったがオープニングの演目以外はすべて事前収録のVTRであり、翌年以降は番組全体がVTR放送に戻った。
  • この回は両軍キャプテンを置かず司会は堺ととんねるずが担当し、両軍進行役に女子アナウンサー2名を起用した。
  • 露木はこの回を最後に降板。
  • 当時この回のみジャニーズ事務所のタレントは出演していなかった。
  • また、この年まで河田町放送センター・第6スタジオで収録した。
  • なお、とんねるずはこれに引き続き当時土曜夜に放送されていた公開オークション番組『とんねるずのハンマープライス』の新年特番(生放送)にも出演した。

司会

  • 堺正章(総合司会)
  • とんねるず(司会)
  • 中村江里子(当時フジテレビアナウンサー・紅組進行)
  • 近藤サト(当時フジテレビアナウンサー・白組進行)

審査員

  • 森光子
  • 植木等
  • 野村克也
  • 鈴木杏樹
  • 露木茂

ハワイ中継

  • 田代まさし
  • 山瀬まみ

演目

オープニング演目

 貴乃花

紅組

(1)スチィールドラム

 山瀬まみ、マルシア、島崎和歌子、奥山佳恵 ほか

(2)カースタント

 定岡正二、梅宮アンナ

(3)巨大サイコロ

 今田耕司、東野幸治、持田真樹、吉野公佳、西山喜久恵アナ ほか

(4)イリュージョン

 松本明子、モト冬樹、そのまんま東

(5)時代劇

 上岡龍太郎、由利徹、高田純次、薬師寺保栄 ほか

(6)ローリングアート

 山田邦子、ダチョウ倶楽部、CCガールズ ほか

(7)じょんがら三味線

 藤あや子、香西かおり、長保有紀、長山洋子、木佐彩子アナ ほか

(8)水芸

 フローレンス・ジョイナー、ランディ・バース ほか

白組

(1)雪上大書初め

 清水アキラ、松村邦洋

(2)中国4000年の歴史

 ホンジャマカ、岩井由紀子、細川ふみえ、早坂好恵、神田うの ほか

(3)ジャンボ紙切り

  • この年の干支、ネズミを作成
 森口博子、工藤兄弟、神田正輝

(4)ショートコント集

 ビートたけし、小泉今日子

(5)ドラマ「奥様はマジ!?」

  • 「奥様は魔女」のパロディードラマ
 西田ひかる、峰竜太 ほか

(6)ロボット踊り

 中山秀征、篠原涼子、大塚範一、多岐川裕美

(7)旗芸

 池谷幸雄、笑福亭笑瓶、バカルディー、布川敏和 ほか

(8)ハットトリック(ボウシ芸)

 堺正章

備考

  • この回は前途のとおり、生放送で。田代・山瀬はハワイのカウントダウン中継のリポート(ハワイのカウントダウンは2000年の「LOVE LOVE 2000」で実施)
  • また、視聴者参加企画として、最終対戦まで出た3つのキーワードを見逃さず見て、事前に応募した葉書から1通にスタジオから電話を繋ぎ答えれば、お年玉賞金100万円が当たる実施。
  • 全演目の出演者から1名に三菱自動車の車が当たる抽選会も実施した
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー





FNSの日

放送リスト

+「テレビ夢列島」時代
「テレビ夢列島」時代

+「平成教育テレビ」時代
「平成教育テレビ」時代

+「FNS27時間テレビ」時代(1990年代)
「FNS27時間テレビ」時代(1990年代)

+「FNS27時間テレビ」時代(2000年代)
「FNS27時間テレビ」時代(2000年代)

+「FNS27時間テレビ」時代(2010年代)
「FNS27時間テレビ」時代(2010年代)

+レギュラー番組のFNSの日スペシャル版
レギュラー番組の
FNSの日スペシャル版



新春かくし芸大会