サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY(2)

ページリンク

ダークラミア

攻撃方法
尻尾
誘惑
サンダー
巻きつく(敵1体を麻痺)
炎(敵全体に炎の魔法)
地震(敵全体に地震の魔法)
平手打ち6(敵1体に物理攻撃、6ヒット)
備考
蛇女系Lv9のモンスター。同レベルのナーガをはるかに超える力を持ち、なおかつ一度に大挙して襲ってくる。行使するのは、蛇女である事をフルに活用した攻撃ばかり。

ネコ女

攻撃方法
毒の牙
誘惑
牙(敵1体に物理攻撃)
爪(同上)
不意打ち(先制で1ターン一方的に攻撃することがある)
再生(毎ターンHPが回復する)
備考
狼男系Lv8のモンスター。系統名と違って女性。不意打ちで一方的に殴ってきたり、再生能力を持つなど、戦いにくい。

ハーピー

攻撃方法


誘惑の歌(敵全体を混乱)
備考
鳥人間系Lv5のモンスター。誘惑の歌はパーティ全員の調子を狂わせる。

堕天使

攻撃方法
サンダー
誘惑
竜巻
剣(敵1体に物理攻撃)
目潰し(敵1体に暗闇)
サイコミラー(1グループ対象の魔法を相手に直接反射する)
備考
鳥人間系Lv9のモンスター。魔法攻撃各種を使いこなす他、物理攻撃・状態異常・果ては魔法反射まで使ってくる。一度に襲ってくる量が尋常では無いため、全体攻撃で一掃したい。

レプシラ

攻撃方法
アインスシュルト(敵1体のHPを半減)
語録
「私に逆らうんじゃないよ!」
「さからわず、じっとしてな!」
「まだわからないんだね! 全員「なにもしない」のが賢明なのさ!」
備考
新登場の下級神ミューズの1人。獲物を追い回しては傷めつけるサディスティックな性格だが、限度を知っており、決して直接とどめを刺すことはない(実際とどめを刺せないフラグが仕込まれている)。戦いになると全ての攻撃を例外なく回避するため倒すすべがないのだが、科白にあるとおり何もしなければ攻撃されることなく戦闘は終わる。白兵戦や逆境からの逆転が好みらしく、評価が高まれば今度はこちらの援護をしてくれるだろう。

ビーナス

攻撃方法
デス
クイーンカッター(敵1体に物理攻撃+スタン)
テンプテーション(敵1グループを混乱)
葬送火炎(敵全体に炎の魔法)
イージスの盾(当該ターン回避率100%+以後ほとんどの属性耐性付加)
語録
「あの醜いアシュラを倒したそうね! うれしいわ!!」
「この街は全てが美しいでしょう? この世に醜いものなど必要ありませんからね」
「何ということを!! 美しさを破壊するとは 私に対する裏切りです! 許せません!!」
「お前たちまで私に逆らうのか!」
備考
ボス系Lv9のモンスター。都市とジャングルの世界を統治するが、美しさを好むあまり、怪我などでちょっとでも美しさが損なわれると即刻町を追放する。その心の醜さに本人は気づかない。戦闘ではかなり強く、種族によっては最初の壁とも言われるが、石化・即死に耐性がない。あろうことか舞台の街にブレイクの書が売っているので、購入して即使用⇒石化で撃破、もよくある話。しかしGB版では宝の持ち腐れだったイージスの盾をDS版では使うこともある。こうなると状態異常は全て効かなくなるので要注意。倒されても今回は冥界でリベンジを仕掛けてくる。右側の写真が冥界でのリベンジその1であり、当然強化されている。···が、弱点は相変わらず。

真・ビーナス

攻撃方法
クイーンカッター
テンプテーション
葬送火炎
イージスの盾
神風(敵全体無属性の魔法)
備考
ボス系Lv13のモンスター。冥界でのリベンジその2。デスで一発即死を狙うような事はせず、確実にダメージを与えてくる強敵に変貌。石化も即死も最初から効かず、そういう意味では見違えたと言える。終盤は醜いと蔑んでいたアシュラとペアを組んででも復讐を果たそうとしてくる。
名前:
コメント: