烈火の炎 THE GAME

ゲーム概要
GBA用の格闘アクションゲーム。
名前で分かるとおり、安西信行氏が週刊少年サンデーで連載していた同名漫画のゲーム化である。
アニメ版も存在するが、内容は原作(漫画版)寄りである。

格闘ゲームだが必殺技のコマンドが全キャラ同じことや簡単にコンボが組めるなど、
非常に優しい作りとなっている。
CPU戦では大きなボス(いわゆるデカキャラ)や、条件を満たすまではCPU専用となるキャラも
多数おり、攻略キャラによって戦い方を変える必要も出てくるなど、なかなか楽しめる内容となっている。クリア後はサバイバルもある。


煉華(れんげ)

その他画像

攻撃方法
通常技…
押すボタンによっていくつかバリエーションのある3連撃の攻撃を繰り出せる。
ジャンプ攻撃では火を宿らせた手を振るって攻撃。
飛び道具で炎の矢を前方か斜め上に放つ。
相手を掴んで炎に包まれた手で突き刺した後に後ろに向けて放り投げる。

必殺技…
無数の火の矢を前方に放出する。
片手に炎を出現させ、前方に放る→火が着弾すると大きく上方に燃え上がる。
前方に突きを連打。

超必殺技…
カットイン(その他画像参照)後に上に飛び上がり(攻撃判定アリ)、上空で画面全体を焼き尽くす。
ほぼ画面全体に当たり判定があり、上昇時に巻き込むのも加えるとかなりの威力を誇る。
語録
「やらせないよ?(勝利時)」
「火ぃー(無数の火の矢を放つ技発動時)」
「えぇぇ~いっ(突き連射時)」
「悪い子ぉ~っ(火を放り投げる時)」
「ひゃあ~っ…きゃーっははははは!(超必殺技発動時)」
「ひゃあっ(やられ時)」
備考
煉華(れんげ)
森光蘭によって生み出された紅麗と紅の遺伝子をもつクローン。
烈火、紅麗と同じく炎を操ることができる。

森光蘭の忠実なるしもべ。―――以上、作中のキャラプロフィールから引用(原文ママ)

終盤で登場する。森光欄(ラスボス)のことを「パパ」と呼ぶ。
言動は幼くて無邪気だが、それ故に残酷。
人間タイプのキャラという意味では(紅麗を除くと)最後に対戦するキャラとなる。
通常攻撃の威力は高いが必殺技の威力はイマイチ。飛び道具の出が非常に早い。

条件を満たせば対戦やサバイバルで自キャラとして使用可能。
  • 余りの懐かしさにwww -- 遊 (2008-09-02 00:29:53)
  • ミス ちなみに煉華は三強の一角です。対戦する機会があれば是非使ってみてくださいませ。 -- 遊 (2008-09-02 00:30:53)
  • 条件は何なのですか? -- RINKO (2008-10-16 21:03:37)
  • バトルモードで30人抜きだったと思う>条件 -- 名無しさん (2008-11-03 01:08:01)
  • ちなみに三強ってあと誰だろ・・・クレイ、カドツ? -- 名無しさん (2008-11-28 08:30:17)
  • 三強は炎術士三人です。門津は最弱かと -- 遊 (2008-12-12 18:09:36)
  • うっせー -- 烈火×1000 (2009-04-30 12:40:48)
  • わぁ…懐かしいww個人的に煉華大好きです。声可愛いですよね、声優さん誰なんですか? -- マユミ (2010-11-22 23:34:00)
名前:
コメント: