「斑鳩」(IKARUGA)

ゲーム概要
2001年にトレジャーからリリースしたアーケードゲーム。ドリームキャスト版とゲームキューブ版も存在している。
各地を武力で制圧する「鳳来ノ国」と、それを裏で操る物体に対して、森羅(シンラ)と篝(カガリ)という二人の男女が戦いを挑む。
自機と敵弾には、「白」と「黒」の属性があり、自機の属性と同じ色の敵弾を吸収する事が出来るシステムが特徴。
パターン性が非常に高いが、アドリブが殆ど効かず、その点では賛否両論であった。

なお、2P機体のパイロットである篝は、設定上、敵である元々鳳来ノ国の人間であり、
ゲーム上では敵対する事は無いが、ゲーム上の時間軸の開始前には敵対していた女性キャラという事で詳しい補足をしておく。
篝は、刺客として飛鉄塊(斑鳩世界における航空機の名称)で森羅に挑んだが撃墜され、森羅に救われたという設定がある。
篝は、気高い性格から自害を選ぼうとしたが、時が経つにつれて落ち着きを取り戻し始め、
半信半疑ながら森羅や「斑鳩の里」の老人達の生き方に興味を持ち、
彼らが言う「自由」を見てみたい、という理由から鳳来ノ国に反旗を成し、森羅と共に鳳来ノ国、そして裏で操る物体に対して戦いを挑む事になる。
前述した通り、ゲーム開始前における設定上の話であり、ゲーム上における篝は最初から最後まで味方なので、あくまで補足に留めておく。

鳳来 天楼

その他画像

田鳧

田鳧 最終形態
攻撃方法
語録
「おまえ達を生かしているのは、この私。
正しき道を歩めるようにと・・・
だが、おまえ達はそれを理解できぬというのか?」

「目に見えるものを感じずに・・・
目に見えぬものを感じられるとでも言うのか?」

「おまえ達にも見えているのだろう?
未来永劫、この輪廻を断切ることなど出来はしない・・・」
備考
Final chapter「輪廻」(5面)ボス。名前は「ホウライ テンロウ」と読む。
大型の飛鉄塊である仏鉄塊「田鳧」(タゲリ)を駆り、森羅と篝の前に立ち塞がる。
白髪と真っ白な肌を持ち、少女のような顔つきをしているが、老婆のような皺も刻まれており、外見から年齢を読み取る事は出来ない。
敵である「鳳来ノ国」の支配者で、「産土神黄輝ノ塊」(ウブスナガミオウキノカイ)を発掘し、その残留思念に操られるまま狂気に支配される。
ちなみに元々超能力者だった。

なお、彼女の駆る田鳧を倒すと最終ボス「産土神黄輝ノ塊」が現れ、攻撃不可能となり60秒間、その圧倒的な攻撃を避け続ける。
「産土神黄輝ノ塊」は、前作レイディアントシルバーガンの最終ボス「石のような物体」に酷似している。


  • 設定上のみのキャラしか居ないけど、一応、女性みたいなので大丈夫、なはず。 -- 最初に編集した名無し (2006-12-31 19:59:29)
名前:
コメント: