ファイナルファンタジーVI

ゲーム概要
FFシリーズ第六作。
1000年前の魔大戦以降、魔法の力がなくなり機械文明が発達した世界観。
主人公が明確に決まっていないストーリーになっている。
「きかい」「ひっさつわざ」などの特殊コマンドが強力である。
この作品から女敵の数が目に見えて減ってくる。
しかしこの作品の「ゆうわく」は、従来と違い、喰らったキャラを戦闘不能になるか戦闘が終了するまで混乱させるという効果を持っている。
パーティアタックでもアイテムでも治らない。
味方ではガウやゴゴの「あばれる」をロフレシュメドウという花のモンスターでやると「ゆうわく」を出せる。
これがなんとラスボスにすら効く。自らの「はかいのつばさ」で破壊するラスボスの姿を拝める。
FF6の「ゆうわく」は、文字通り最凶の攻撃である。
敵で使用してくるのが殆ど居ないのが救い。
余談だが欧米版では、倫理規定により一部モンスターの露出が減っている。

ミスティ

その他画像
攻撃方法
くろくぬりつぶす:単体を暗闇にする。
サイレス:対象を沈黙にする。
ブリザラ:氷系魔法。
サンダラ:雷系魔法。
ケアルラ:回復魔法。ダメージか回復を受けるとカウンターで使う事がある。
語録
備考
アウザーの屋敷にある絵が実体化したもの。
まほうレベル80と色も含めて同じグラフィック。
このグラフィックの敵は4種類とも、MPが0になると死ぬ為「魔法生物」である模様。

ヴァージニティ

その他画像
攻撃方法
ホーリー:聖系魔法。
フレア:無属性魔法。
カッパー:対象をカッパにする。
ケアルラ:普通に使うほか、ダメージか回復を受けるとカウンターで使う事がある。
リレイズ:対象が戦闘不能になったら一度だけ復活させる。
プロテス:防御力アップ。
ブラインドタッチ:暗闇状態にする。
ファイガ:炎系魔法。
ブリザガ:氷系魔法。
サンダガ:雷系魔法。
エスナ:ステータス異常回復。
シェル:魔法防御アップ。
ヘイスト:行動速度アップ。
メテオ:全体にダメージ。ダメージか回復を受けるとカウンターで使う事がある。

語録
備考
ラストダンジョンに登場。魔法のエキスパート。

まほうレベル80

その他画像
攻撃方法
バイオ:毒系魔法。
ポイズン:毒系魔法。
ケアルラ:回復魔法。味方全員にリフレクがかかってると使用。
エスナ:ステータス異常回復。味方全員にリフレクがかかってると使用。
ヘイスト:行動速度を速める。味方全員にリフレクがかかってると使用。
ケアルガ:回復魔法。味方全員にリフレクがかかってるとカウンターで使用。
ケアル:回復魔法。味方全員にリフレクがかかってるとカウンターで使用。
リレイズ:対象が戦闘不能になったら一度だけ復活させる。味方全員にリフレクがかかってるとカウンターで使用。
ファイガ:炎系魔法。敵全員にリフレクがかかってると使用。
ブリザガ:氷系魔法。敵全員にリフレクがかかってると使用。
サンダガ:雷系魔法。敵全員にリフレクがかかってると使用。
ストップ:対象をストップにする。敵全員にリフレクがかかってるとカウンターで使用。
デスペル:魔法効果を打ち消す。敵全員にリフレクがかかってるとカウンターで使用。
ホーリー:聖系魔法。敵全員にリフレクがかかってるとカウンターで使用。
語録
備考
魔法しか使えない狂信者の塔に登場。
通常は攻撃魔法を主に使うが、味方全員にリフレクがかかってると回復魔法を主に使用する。
ミスティと色も含めて同じグラフィック。

ココ

その他画像
動画
愛の宣告 ttp://www.youtube.com/watch?v=ZY5rk3_qtik
攻撃方法
カッパー:対象をカッパにする。
ドレイン:HPを吸収する。
ひらてうち:対象を沈黙にする。
愛の宣告:対象者は、使用者に対する物理攻撃を強制的にかばう。
語録
「わたしをまもりなさい」
備考
カイエンの夢の中に登場。
薔薇のエフェクトと「わたしをまもりなさい」のメッセージの「愛の宣告」が印象的。
これを喰らったキャラはココに対する物理攻撃をかばわせられる。
魔法攻撃や特殊コマンドの攻撃では、ココをかばわないのはご愛嬌。

チャーミーライド

その他画像
欧米版
IOS版
攻撃方法
死のルーレット:敵味方問わずランダムに一人即死。
スリップシード:威力の高い物理攻撃。
レベル?ホーリー:レベルが現在の所持ギルの一の位の数の倍数の敵に、ホーリー。
こもりうた:対象を眠りにする。
死の宣告:カウント後、即死。
語録
備考
カイエンの夢の中に登場。
ココのような女敵も登場するため、カイエンは欲求が溜まってるんじゃないか。と言われる事がある。
海外版では女神やチャダルヌーク同様に露出が減らされセパレートタイプの水着のような恰好になり
何故か名前がCritic(評論家)という名前にされている。
しかしGBA版、IOS版では海外版でも日本版同様下半身裸の見た目にされており名前はAlluring Rider(魅惑の騎手)
という名前にされている、下半身裸で騎乗位の体勢で跨っているためこちらは的確な名前である
IOS版ではsfc版よりも多少胸が大きくなり下半身の描写も細かくなっているためFF6シリーズ内では
最も卑猥な見た目になったかもしれない

シヴァ

その他画像
攻撃方法
リフレク:魔法を反射するバリアを張る。味方に使用。
ブリザト:氷系魔法。カウンターでも使用。
ブリザラ:氷系魔法。
ブリザート:氷属性ダメージ。
語録
「あなた方は誰……?」
備考
ガストラ帝国の魔法を搾り取られた幻獣の一人。
イフリートと交互に登場する。

チャダルヌーク

その他画像
チャダルヌークの本体。この状態の時に攻撃を仕掛けるのがセオリー
欧米版
攻撃方法
ゆうわく:対象を永久混乱に陥れる。女神時のカウンター。
死の口付け:カウント後、即死。女神時のカウンター。
こもりうた:単体を眠りにする。女神時のカウンター。
ポルターガイスト:スリップにする。女神時のカウンター。
フラッシュレイン:氷&水属性攻撃。悪霊時に使用。
サンダガ:雷系魔法。悪霊時に使用。
語録
「この絵の女は、わしがいただいた……」

「そう簡単には返さないぜ……」

「死ぬまで味方をなぐりなさい」
備考
幻獣「ラクシュミ」の絵にとり憑いてた悪霊。
女神の姿と悪霊の姿を、交互に入れ替える。
悪霊の姿の時はオッサンである。
女神の時に攻撃すると、手痛いカウンターが飛んでくる上にHPも悪霊時に比べて高いので
悪霊の時に攻撃を仕掛けるのがセオリー。

めがみ

その他画像
欧米版
攻撃方法
サンダラ:雷系魔法
サンダガ:雷系魔法
フラッシュレイン:氷&水属性攻撃
こもりうた:対象を睡眠に陥れる。
ゆうわく:対象を永久混乱に陥れる。
愛の宣告:対象者は、使用者に対する物理攻撃を強制的にかばう。
クラウディヘヴン:全体に死の宣告がかかる。これ以降はこの戦闘の間、HP0になるとゾンビになるようになる。
クエーサー:全体に防御無視ダメージ。青魔法。
語録
「死ぬまで味方をなぐりなさい」
「私を守りなさい」
「死しても呪いは消えぬ!」
備考
かつて魔大戦を引き起こした三闘神の一人。
ケフカに力を吸い取られた状態。
戦闘時は強制的に「はさみうち」で戦う。
「ゆうわく」「愛の宣告」「クラウディヘヴン」などの状態異常が極悪で、同じ三闘神である魔神や鬼神に比べると強く感じる。
HPが他の三闘神ほど高くないのが救い。

まりあ

左の女が「まりあ」 ちなみに右の男は「ねむり」
その他画像
攻撃方法
ホワイトウィンド:全体にHP回復
アレイズ:戦闘不能から完全回復
やすらぎ:対象を睡眠に陥れる。
やすらぎ(死に際):即死攻撃
語録
備考
ラスボスの第三形態のパーツの一つ。
全ての属性攻撃を吸収する。
なおゲーム中では「まりあ」という名前を確認する事は出来ない。
「ザ・コンプリート」などの攻略本のみで確認可能。
ちなみに第三形態の後ろにある女が「まりあ」である。
  • ラスボスのパーツって、名前あったんだ∑(゜д゜;)知らんかった! -- おにゃほにゃ@管理人 (2006-10-22 11:56:37)
  • とりあえず解説入れときました。攻略本などで確認可能です。 -- 名無しさん (2006-10-24 00:45:03)

シルビューヌ

その他画像
攻撃方法
ゆうわく:対象を永久混乱に陥れる。
愛の宣告:対象者は、使用者に対する物理攻撃を強制的にかばう。
語録
「死ぬまで味方をなぐりなさい」
「わたしをまもりなさい」
備考
アドバンス版のみ登場。
  • 女神のクラウディヘブンには「死しても私の愛は消えぬ」みたいなセリフがついてたきがします(うろ覚え) まりあの名はPS版おまけでも確認できます -- 最後に6やったの何年前だww (2008-06-22 16:28:49)
  • 「死しても呪いは消えぬ!」では。 -- 名無しさん (2009-01-14 09:18:30)
  • ドット絵としては小さく描かれているがチャーミーライドの上の女性をよく見ると露出した下半身を下のモンスターの背中に擦りつけているように見え、さらに頭を上に上げているためオナニーをしているどころか正直絶頂してイっているように見えるんですよね、 -- 名無しさん (2013-07-13 03:25:54)
  • (上の追記)揚句に鞭まで持っているので、非常に卑猥な見た目であるためチャーミーライドは海外版では修正されても当然のモンスターの1体なんですよね、ドットであり当時とはいえむしろ全年齢ゲームなのによくこの見た目で日本は通ったなと思いますw -- 名無しさん (2013-07-13 03:31:22)
名前:
コメント: