星のカービィ64

ゲーム概要
ニンテンドウ64で発売された星のカービィ6作目。
黒い雲に覆われたリップルスターから逃げ出してきた妖精リボンを救うため、カービィとワドルディ・アドレーヌ・デデデ大王ら仲間達がリップルスターの宝物「クリスタル」を探す旅へと出る。
ゲームシステムは、「星のカービィ3」の直系と言える物だが、二種類の「コピー技」を組み合わせる「ミックス」が魅力。

アドレーヌ

その他画像
攻撃方法
  • 雑魚キャラの絵を描いて実体化させる
  • アイスドラゴンの絵を描いて実体化させる。
  • ダークマター(カービィ2及び3のラスボス)の絵を描いて実体化させる。
  • 最後の悪あがきとして、体当たりを仕掛ける。
語録
備考
1-2のボス。
黒い雲(ダークマター)に操られており、倒すと仲間になる。
1-2では、絵を描いて、それを実体化させるという特殊能力を持ち、「星のカービィ2」のボスを描いて攻撃させる。
ダークマターまで倒されると、最後の悪あがきとして体当たりを仕掛けるが、体力は殆ど無く、一撃で倒れる。
星のカービィ3に登場するアドとは、攻撃方法や容姿などが酷似しており、同一人物説もあるが、詳細は定かではない。
後半ステージのボスだったアドに比べると、序盤面の中ボスであるアドレーヌは、耐久力も低く簡単に倒せる。
ゲーム中では、敵としてより仲間としての方が印象強く、ステージ間のデモにも登場する。
要所要所でアイテムを実体化してくれたり、ステージのヒントなどを教えてくれたりする。
カービィと同じくプププランド出身ではないが、ポップスターの人間なのか、別の星の人間なのかは不明。
公式サイトでは、カービィの事を「カーくん」と呼んでいる。
また、漫画版「デデデでプププなものがたり」などではデデデ大王を「デデのだんな」と呼んでいる。

リップルスターの姫

その他画像
通常時。

姫に取りついていた0²(ゼロツー)。画面中央下部に居るのは、自機のカービィとリボン。
攻撃方法
(戦闘シーンは無い)
語録
備考
妖精の星「リップルスター」の姫。
平和に暮らしていたのだが、突如、現れた黒い雲によって襲われる。
黒い雲の目的は、リップルスターの「クリスタル」であり、姫は妖精リボンにクリスタルを託して逃げさせる。
その途中でクリスタルは砕け散ってしまった。そしてリボンはカービィと出会い、クリスタルを元通りにする旅に出る事となる。

その後、姫はラスボスである0²(ゼロツー)に体を奪われる。
(デデデ大王は、しょっちゅう0²の同種であるダークマターに体を乗っ取られているが、それと同じ理屈だと思われる)
クリスタルのカケラが全て集まってない状態で、リップルスターをクリアすると、姫達はカービィ達を歓迎するが、その裏で姫が邪悪な笑みを浮かべるシーンでENDとなる。
クリスタルのカケラを全て集めた状態だと、姫の体から0²が抜け出して、0²との最終決戦に突入する。
  • 集めないでクリアしたら笑いました -- るのあ (2009-09-07 14:22:42)
名前:
コメント: