怒首領蜂 大往生

ゲーム概要
2002年CAVEが発売した縦スクロールSTG。
弾幕STGの金字塔「怒首領蜂」の続編。
直接的なストーリーに関係は無いが、PS2版で追加された「デスレーベル」モードで1周すると前作の、とあるキャラがゲスト出演している。
少女の姿をした知性や感情を持つ人型機械「エレメントドール」と協力して、謎の機械化兵団と戦いを繰り広げる。
2種類の自機タイプ+3体の強化タイプが異なるエレメントドールの、合計6通りの自機の中から選ぶ事になる。
1周するだけでも、比較的高めで初心者には薦められない難易度となっている。
ただ、パターンを追求して戦略を構築すれば、1周クリアするだけなら、それ程難しくない。
だが残機没収&コンティニュー不可の2周目をクリアするのは非常に困難を極める。
特に裏ボスである「緋蜂」は、発狂攻撃が人間の反応速度を越えており、その弾幕は畏怖を込めて「洗濯機」とファンの間で呼ばれている。
緋蜂は、アリカより発売されたPS2版に付属しているDVDでも、その恐ろしさを確認する事が出来る。
後に、難易度をやや落として、新モードを追加した「ブラックレーベル」も、流通量は少ないが作られた。

エクスイ

その他画像

攻撃方法
語録
備考
自機を強化サポートするエレメントドールの一体。
基本は自機キャラなのだが、後述の通り、EDにおいて暴走して仲間を殺しだすため、ある意味では「悪堕ち」ヒロインに分類出来ると言える。
ショット及びレーザーを強化するが、ボムの初期装備が1発。最大でも2発までしか保持出来ない「エキスパート強化型」。移動速度も速め。
しかし正直な話、自機が貧弱な感が否めない「怒首領蜂 大往生」においては、強力なタイプに分類される。クリアが若干楽な機体でもある。

エレメントドールでも数世代前の旧式で、
パイロットの安全性を捨ててでも、機能及び武装面を重視するというコンセプトで作られたエレメントドールという設定がある。
それ故にボムの数が少ない(安全性軽視)代わりに、機能(移動速度)と武装(ショット&レーザー)が強化されているという事だろう。
エクスイを選択してEDを迎えると、全キャラに共通する
「敵の最終兵器(裏ボス・緋蜂)の圧倒的な火力に自機が力尽きようとしていた時、エレメントドールが敵のマザーコンピュータにダイブし、
コンピュータに負荷をかける事で演算能力を落として勝利する。だが、その代償は大きかった……」
という展開が繰り広げられる。その「代償」というのが、自機に選んだエレメントドールによって変わってくるのだが、
エクスイの場合はコンピュータが暴走して、次々と仲間を殺しだすという展開になる。
エクスイがマザーコンピュータの中で何を見たかは誰にも解らない。人間を手にかけたロボットが辿る道は、破棄しか有り得ない。
ただ、エクスイの流した血の涙からは「本当の敵は人間だったのだ」という悲しみさえ伝わってきそうな物であった……。

エクスイの場合、勝っても負けても破壊されてしまう事から、タイトルの「大往生」を最も体言しているキャラと言えるのかもしれない。
  • よく考えてみれば、彼女も「悪堕ち」と言えるかもしれないですね。まあ「悪」かどうかは解らんですが -- 名無しさん (2006-12-06 15:24:19)
  • で、本当の敵は人間だったんですか? -- 名無しさん (2006-12-08 16:41:46)
  • 機械化兵団を操ってるのが、前作における黒幕(デスレーベルをクリアした時に登場)らしい為、その辺を踏まえれば裏で操ってたのは人間と言えるかもしれないです。ぶっちゃけると怒首領蜂シリーズはストーリー性よりも中身が重視されるゲームだったりするので、結構どうでも良い事ではありますが -- 名無しさん (2006-12-09 07:03:56)
  • 怒首領蜂にストーリーがあるということを始めて知った・・・。 -- 名無しさん (2007-10-28 06:06:24)
  • ちょっと待て、エクスイ破壊されたら大復活のネクスィに繋がらなくね? -- 名無しさん (2016-06-07 14:10:15)
名前:
コメント: