いっき萌バイル

ゲーム概要
S!アプリ(Vアプリ)とEZアプリに対応している携帯用アプリのアクションゲーム。
ファミコンとアーケードで発売された名作(迷作?)「いっき」のリメイク版。
ビジュアルはアレンジされており見やすくなっており、ステージ数もFC版より多いこともあって結構楽しめる。
追加要素はタイトルの通り「萌え」であり、集めた小判でカードを買って和風萌えキャラの絵柄(全6種類)を集めていく。
カードを集めていく内に、敵キャラのグラフィックを萌えキャラに変更出来るのが特徴。
妖怪を倒せたり、忍者が投げる手裏剣を竹槍で消せるなどの違いもあり、ホーミング鎌の性能も高いため、難易度はやや低め。

腰元

その他画像
攻撃方法
抱きついてごんべの動きを遅くする。
語録
備考
原作のいっきでも登場したキャラ。いっきを象徴するキャラの一人とも言える。
抱きついてごんべ(主人公)の動きを遅くする。
原作とは違って抱きつかれても動きが完全に止まる訳ではないが、抱きつかれてる間に忍者(くの一)に狙われると危険である。
またホーミング鎌や竹槍の攻撃では死なない事も危険度を上げている。画面をスクロールさせて消滅させるのがベターだろう。
もみじ姫に選択出来るようになったら、キャラ画像を「忍者」にしておくと出る。

もみじ姫

その他画像
攻撃方法
抱きついてごんべの動きを遅くする。
語録
備考
腰元の差し替えキャラ。トレーディングカード第二弾で、もみじ姫の画像を揃えると差し替え可能。
キャラ画像を「くの一」にしておくと差し替え出来る。
基本は腰元と全く同じキャラなのだが、普通に可愛いので何だか許せてしまう気になる、かもしれない。

くの一(紫)

その他画像
攻撃方法
手裏剣投げキッス
語録
備考
忍者の差し替えキャラ。トレーディングカード第一弾で、くの一の画像を揃えると差し替え可能。
キャラ画像を「くの一」にしておくと差し替え出来る。
基本は忍者と同じキャラで、ごんべに向かって直線的な飛び道具を放つ。難易度が高くなると数がわらわら出る。
しかし忍者が投げるのは手裏剣だが、くの一が投げるのは投げキッス(ピンクのハートマーク)である。
だが攻撃が見やすいため、微妙に忍者より戦いやすいかもしれない。ちなみにポニーテール。

くの一(赤)

その他画像
攻撃方法
手裏剣投げキッス
語録
備考
赤忍者の差し替えキャラ。トレーディングカード第一弾で、くの一の画像を揃えると差し替え可能。
キャラ画像を「くの一」にしておくと差し替え出来る。
紫くの一の強化版で、スピードが速い。また高速で投げキッスを連発してくる。
萌バイル版の竹槍は手裏剣(=投げキッス)を消す事が出来るので竹槍で突撃するのも一つの手段。
原作ではスコアが高い敵だったが萌バイル版では、スコアの概念が存在しないので撃破のありがたみは薄い。スクロールさせて消去してしまうのも手。
  • いっしょの名前なので、間違えやすくなりますが、大丈夫です。 -- もえ (2009-06-27 14:10:41)
名前:
コメント: