ストーリー

武装勢力「APR」と「UFLL」の対立で、多くの命が危機に晒されているアフリカ某国(ソマリア説)。この対立は謎の武器商人「ジャッカル」によって引き起こされたものだった。

ジャッカルを暗殺すべく、傭兵達が潜入した。
だが、彼らを待っていたのは蔓延するマラリアと、自らの欲望の赴くままに行動する人間達だった。
果たして主人公はジャッカルを暗殺し、この国の秩序を取り戻せるのだろうか。


APR:おそらく国側。国王などを防衛したりする。又、外国人テロリスト(傭兵)の確保に熱心。共産派と思われる。金払いはいい。

UFLL:資本主義派。規模は大きく、国内の施設管理を行っている。白人部隊も多く抱えている。しかしながら資材が少ない。

ジャッカル:謎の武器商人。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。