武器一覧

武器一覧表
Primary Slot Weapons Secondary Slot Weapons Special Slot Weapons Mounted Weapons
Silent MP-5 Makarov M-249 SAW Mounted M-249 SAW
AK-47 Silent Makarov 6P9 PKM MK-19 Grenade Launcher
G3-KA4 Star .45 RPG-7 Rocket Launcher M2 .50 Cal.
AR-16 Eagle.50 Carl G Rocket Launcher  
FAL Paratrooper MAC-10 LPO-50 Flamethrower Miscellaneous weapons
SPAS-12 Uzi Type 63 Mortar  Machete
USAS-12 Flare Pistol Dart Rifle  M-67 Grenade
M1903 Sniper Rifle M-79 Grenade Launcher    Molotov Cocktail
Dragunov SVD      
AS50      
MGL-140      
Homeland37      



Silenced MP-5

データ:
発射方式
価格
総弾数

弾薬


スペック:
重量:approx. 2.80 kg (6.2 lb) (depending on model)
Rate of fire:approx. 800 rounds/min (depending on model)
有効射程:25 to 100 m

説明:
MP5は1960年代に西ドイツの兵器製造業者Heckler & Koch.が開発した9mmの短機関銃です。
それは現在、40以上の国の軍隊と法執行部隊に使用されています。


AK-47

データ:
発射方式
価格
総弾数

弾薬


スペック:

重量:4.3 kg (9.5 lb)
Rate of fire:600 rounds/min
有効射程:100–800 sight adjustments m

説明:
AK-47はソ連でMikhail Kalashnikovによって開発された7.62mmの突撃銃です。
それは、初めて開発された純粋な突撃銃の1つであり、
その耐久性と使いやすさのため今も世界で最も多く使用されています。
その人気からAK-タイプライフルには多くのバリエーションが生まれました。


G3KA4

データ:
発射方式
価格
総弾数

弾薬


スペック:
重量:4.7 kg (10 lb)
Rate of fire:500-600 rounds/min
有効射程:100 to 400 m sight adjustments

説明:
G3は1950年代に開発された7.62mmのオートマチックライフル銃です。
G3KA4は伸縮型ストックの採用、銃身をカットするなどして、取り回しをしやすくしたモデルである。


AR-16

データ:
発射方式
価格
総弾数

弾薬


スペック:
重量:3.17 kg (empty)
Rate of fire:800 rounds/min (fully automatic versions only)
有効射程:550 m (600 yd)

説明:
民間モデルAR-16とそのバリエーションは、多くの会社によって製造されて、
それらの精度とモジュール方式のため世界中のスポーツシューターと警官隊から支持を得ています。


FN FAL Paratrooper

データ:
発射方式
価格
総弾数

弾薬


スペック:
重量:4.0–4.45 kg (8.8–9.8 lb)
Rate of fire:650 rounds/min
有効射程:500 meters

説明:
FN社が開発したFN FALは高威力・高射程のNATOの標準弾薬である
7.62mm×51弾を使用するアサルトライフルとして開発されたが、
短小弾と比べ7.62mm×51弾は反動が強く、セミオート射撃での使用が推奨されている。
FAL PARA(パラトルーパー)と呼ばれるタイプには金属製の折畳み式銃床が装備されている。


Spas 12

データ:
発射方式
価格
総弾数

弾薬


スペック:
重量4.4 kg (9.7 lb)
Rate of fire: 4 rounds/s (semi-auto)
有効射程: 40 m

説明:
 SPAS-12は、軍または法執行部隊の半自動式ショットガンとして、1970年代に生まれました。
内部の特殊な構造により、フォアグリップ先端部のボタンを押すことで
セミオートマチックと手動式ポンプアクションと言う二つの作動方式に切り替えることが出来ます。


Usas-12

データ:
発射方式セミオートマチック・フルオートマチック
価格
総弾数

弾薬
12ゲージシェル

スペック:
重量: approx. 6.2 kg

説明:
USAS-12は
ガス作動式のセミオートマチック・フルオートマチック切り替え可能なショットガンである。
その高い制圧力から
米国ではクラス3(民間人所持規制)に分類され、一般的な市場では手に入れることは出来ない。
10発式のボックスマガジンと20発式のドラムマガジンのどちらかが装着可能である。



M1903 Springfield Bolt Action Rifle

データ:
発射方式ボルトアクション
価格
総弾数

弾薬


スペック:

重量: 3.9 kg ( ~8.7 lb )
有効射程: 457m

説明:
スプリングフィールドM1903ライフルは、
1903年に支給が開始され、
第一次世界大戦および第二次世界大戦を通してアメリカ陸軍の標準的なライフルとして使用された。
1936年に後継として支給されたM1ガーランドが行き渡った後も、朝鮮戦争およびベトナム戦争まで狙撃銃として使用された。


Dragunov SVD

データ:
発射方式:セミオートマチック
価格
総弾数

弾薬


スペック:

重量: 4.30 kg (9.48 lb) (with scope and unloaded magazine)
有効射程: 600 - 1300m

説明:
ドラグノーフ狙撃兵ライフル銃(英語表記:Snayperskaya Vintovka Dragunova SVD)は
旧ソ連で開発された7.62mmのセミオートマチック狙撃銃です。
ソビエト軍は第二次世界大戦時に市街戦における狙撃手の有効性が確率されたことから、
小隊規模での狙撃手に対応するセミオート狙撃銃が必要であると考え、
後継機種を兼ねた狙撃専用ライフルの採用デザインコンテストを行いました。
最終的に三つの候補の中からE.F.ドラグノフの設計したデザインが採用され、1964年からライン生産が開始されました。
それ以来、SVDは数カ国の軍隊で採用され、標準的な分隊サポート兵器として使用されている。


AS-50

データ:
発射方式:セミオートマチック
価格
総弾数

弾薬


スペック:
重量14.1 kg (27 lb) (no scope/sight, empty mag)
Rate of fire: est. at 5 rounds/1.5 seconds (semi-automatic)
有効射程: approx. 1800 m

説明:
AS-50はAccuracy Internationalが2005年のショットショーで発表した最新の50口径対物ライフル銃です。
SEALsから複数の目標を迅速に攻撃可能なアンチマテリアルライフルの要望を受け開発されたこの銃は、
速射性を重視してボルトアクションではなく、ガス式の
セミオートマチック機構を採用している。
迅速に広範囲の目標を狙えるこの銃は、現在SEALsにてテスト運用されている。

 


MGL 140

データ:
発射方式:リボルバー方式
価格
総弾数
6発
弾薬


スペック:
重量: 5.9 kg (13 lb)
Rate of fire: 2 rounds/sec (rapid fire), 18 rounds/min (sustained)
有効射程: 375 m (400 yd)

説明:
MGLは、
南アフリカ共和国のアームスコー社が開発した6連発型グレネードランチャーです。
連発型グレネードランチャーの先駆けとなったこの銃はそれまでの単発型グレネードランチャーと比較して、
小規模部隊の火力を大幅に増やすために開発されました。
1983年に生産が始められたMGLはその後30カ国以上の国々に採用され、
ジャングルから砂漠にいたる厳しい環境で、その効果を実証しました。

 


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。