双谷島小波の部屋

琴実:6/16 a


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

a、耳を澄ましてきいてみる。

 耳に神経を集中する。

男子1「…………」
男子2「…………」
男子1「…………」

……よく聞き取れない。

 雑音が多いのと、この人たちが小声で話しているので、細かいところまではさっぱり分からない。
 もう少し近づく。

男子2「…………」

……やはりまだだめだ。

 もう少し……。
 ププッ

琴生「……!」

 いつの間にか後ろから車が近づいてきていた。
 つい言葉を聞き取るのに集中しすぎてしまい、接近に気がつかなかったようだ。
 バンパーが鞄に触れるか触れないかぐらいのところでクラクションを鳴らした車は、私が道を空けると、黒い煙を吐き出しながら去っていった。
 狭く急な坂だというのに、こうして平気で上ってくる車がいるので、この道は危険だ。

琴生「ぁ……」

 見回すと、立ち止まっていた私を置いてけぼりにして、少年二人はすでに先の先まで歩いていってしまっていた。

……今から追いかけて耳を澄ますわけにも行かない。

 仕方なく私は一人歩き出した。