思った事をダラダラ書くページ。(主に自主妄想について。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BF-魅惑のハーピィレディ(チューナー)

自分フィールド上に、「BF-魅惑のハーピィレディ」以外の「BF」と名のついたモンスターが存在
する場合、このカードは手札から特殊召喚することができる。
このカードが場に存在する限り、フィールドの「BF」と名のついたモンスターは攻撃力は400
ポイントアップする。
攻撃1500 守備力1300


BF-ハーピィレディ・シスターズ(シンクロ)

BF-魅惑のハーピィレディ+ハーピィ・レディと名のつくモンスター一体
攻撃力1950 守備力2100
このカードは攻撃宣言時、攻撃力は3000になる。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、墓地のハーピィと名のつくモンスターを一体
特殊召喚することができる。


鬱魔法少女ピケル

このカードは「五月病ウィルス-鬱」を装備した「白魔導士ピケル」をリリースした場合のみ、デッキ
または手札から特殊召喚することができる。
自分のスタンバイフェイズ事に、フィールド上に存在するモンスターの数×300ダメージを相手に与え
る。
攻撃力2400 守備力2000



ちなみに、鬱魔法少女ってのはオレの大事な女の子への嫌がらせに書いた小説のメインヒロイン。
勿論元はかの有名なろり様。
その小説の中じゃあ、鬼畜且つ幼女且つめっさ強い主人公補正真っ青な魔法少女。
「全て白き儚い部屋」が最終技。
全てを妄想にしてしまおうなんていうむちゃくちゃな技。
曰く現実逃避は最高の逃走術。