※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

石器時代からアレキサンダーまで、古代の戦術の発達について記述している。
フィリポスが完成させたマケドニアの統合軍による鉄床戦術を最強の到達点としている。

巻末で「アレキサンダーの統合軍がワーテルローでウェリントンと戦ったら」というifで、
マケドニア軍は19世紀まで最強だったかもしれない、と述べているのがお茶目。