演出@wiki

苺ましまろ

2005年7月14日から10月13日までTBS系地上波で、同年8月4日から10月27日までBS-iで放送。全12話。後にシリーズとして2度OVA化されている。
作品自体は16:9のビスタサイズで製作されているが、地上波では画面の左右を切られた4:3のスタンダードサイズで放送されたため、レイアウト等に多少の不備がある。(ひとつの画面に4人並んだカットなども頻出するため、基本的には16:9版での視聴をお勧めする)
近年氾濫している「日常系萌えアニメ」の先駆となった作品であり、原作特有の「間」を意識したであろうテンポ感を排した作風は、当時の深夜アニメとしてはやや異端に映り、結果的に多くのファンを獲得するに至った。
各話エピソードに空気感を演出することに長けた演出家がこぞって参加しており、しかもその面子が揃いも揃って非常に豪華という、まさに「日常演出家オールスター対抗戦」といった趣の作品となっている。
1クール(12本)で一年の四季を描いている点など、後に同じTBS木曜深夜枠で放映された日常モノである「ひだまりスケッチ」等と共通している。

参加演出家は(コンテマン含む)佐藤卓哉、神戸守、池端隆史、太田雅彦、米田光宏、佐藤竜雄、大畑清隆(OVA)など。

更新履歴

取得中です。





今日の人気ページ