※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 取引成立が早い<成行注文>
「成行注文」は、「金額は幾らになってもいいので、今表示されている値段で買いたい・売りたい」というものです。レートを指定せず、為替動向を見ながらに注文する方法ですから、すぐに注文を出せて、売買も成立しやすいという特徴があります。

実際の取引(インターネット取引)では、「売り」と「買い」の値段が両方表示されますから、値動きを確認しながら、為替レートを指定せずにどちらかをクリックすれば注文完了です。

たとえば、1ドル=115円50銭~115円55銭というレートであれば、ドル購入を「成行で買い注文」を出せば、1ドルを115円55銭で買い付けることになります。

表示された値段が気に入らない、あるいは瞬時に急激な変動が起こった場合は、値段を再表示させて注文することが可能です。

 成行注文の注意点
相場は常に動き、そして変動しています。「確実に売り買いが成立する」メリットがある反面、幾らで売買されたかは約定されたあとでなければ分からないというデメリットもあります。

注文レートと約定レートに差が生じることを、『スリッページ』といい、一般的には1銭~5銭程度の値幅です。また、『スリッページ』が生じた場合、

  • 売りでは → 指定したレートよりも安く売る
  • 買いでは → 指定したレートよりも高く買う
ということになります。

成行注文の特徴
メリット デメリット
現在の値動きを確認しながら注文を出せて、確実に売買が成立する。為替レートを指定する手間が省ける。 注文した時点での値段は確約された価格ではなく、『スリッページ』によって約定価格に1銭~5銭程度の値幅が生じる。値段は約定されたあとに決まる(分かる)。