※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未完成


 スワップがもらえる 

FXのスワップとは

FXスワップとは、日本と通貨発行国の金利差のことをFX(外国為替証拠金取引)ではスワップといいます。日本円の金利が、通貨発行国の金利よりも低い時に、その外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されます。簡単に言えば金利収入のようなものです。たとえば日本の金利が1%、購入する外貨の発行国の金利が5%の場合、両国の金利差である4%がスワップポイントとして入ってきます。FX(外国為替証拠金取引)の醍醐味であるレバレッジ効果は、このスワップポイントにも影響してきます。たとえば、両国の金利差が4%の時に、レバレッジを10倍にして外貨を購入すると、スワップポイントは預けた保証金(証拠金)に対して40%にもなるのです。 ただし、スワップポイントが入ってくるのは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合です。逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は、スワップポイントを支払う事になります。外貨の売りからポジションを持つ場合は注意が必要です。


FXスワップ:FXスワップの仕組み

FXスワップとは、前述しました、通貨の金利差のことですが、なぜFXのスワップポイントは業者間によって差があるのでしょうか?そのスワップポイント差が業者にはいる手数料として差し引かれていますので、各業者間によってスワップ差が出てくるのです。

FXスワップ:FXスワップの発生

FXスワップポイント(スワップ金利)は、ポジションをロールオーバー(決済の持ち越し)をすることにより発生し、FX取引会社によっては、スワップポイントが2営業日後からところもあれば、次の日から発生するところもあります。 スワップポイント(スワップ金利)は定義で述べたとおり、『2通貨間の金利差調整』になるので、「金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買っている時はその金利の差額分の受け取りが発生します。」逆に「金利の高い通貨を売って、金利の安い通貨を買っているときは金利の支払いが発生します。」 つまり・・・
  • 高金利通貨の買い(ロング)=低金利通貨の売り=スワップポイントの受け取り
  • 高金利通貨の売り(ショート)=低金利通貨の買い=スワップポイントの支払い
FXスワップ金利は1日単位で受払いが行われ、ポジションを持った日数分、累積していきます。

FXスワップ:スワップの見方

スワップポイント(スワップ金利)は、外貨預金の金利や株式の配当が外貨預金でいえば預入通貨、株式でいえば銘柄によって異なるように、外国為替証拠金取引(FX)でも取引する通貨ペアによって異なってきます。 通貨ペアとは、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ニュージーランドドル、ユーロ/米ドルといったような取引する通貨の組み合わせのことを言います。 ※「/」の左側が「買い」の通貨、右側が「売り」の通貨になります。 前者2つのクロス円(円で外貨を買う)の取引では、円の「ゼロ金利」に対して外貨の金利が高いため、スワップポイント(スワップ金利)の受取となります。 一方、後者2つのようなストレート通貨(外貨同士の通貨ペア)で取引もできますが、同じユーロ買いでも円であればスワップポイント(スワップ金利)の受取でしたが、米ドルやニュージーランドドルなどとの金利に比べユーロの金利が低いため、スワップポイント(スワップ金利)の支払いとなります。

FXスワップ:スワップの利回り

FXスワップの利回りについて解説します。
《設定条件》
 ・米ドル=レート115円で変動なし
 ・1万通貨
 ・期間=1年
 ・スワップポイント=130円/日
 ・手数料考慮ぜず

《一年間のスワップポイント》
 130円/日×365日=47,450円

《投資元本利回り》  ・証拠金5万円(レバレッジ20倍):47,450円÷50,000円=94%  ・証拠金10万円(レバレッジ10倍):47,450円÷100,000円=47%  ・証拠金115万円(レバレッジなし):47,450円÷1,150,000円=4%  ※レバレッジは各社で異なりますので、各FX業者の詳細を参照してみてください。  ※小数点以下切り捨て

FXスワップ:スワップの利回り2

FXスワップの利回りで注目して頂きたいのが、レバレッジなし=外貨預金と同等の取引条件の取引でも、期間やレートなどを同じ条件で計算した場合、外貨預金では年利0.3%(某行の外貨定期預金1年物・年利)なのに対し、FX(外国為替証拠金取引)の場合、スワップポイントの年利で4%と格段の違いが出てきます。 また、FXの取引手数料も外貨預金の手数料が一般的に往復1~2円/1ドルなのに対し、外国為替証拠金取引 (FX)の手数料は往復で0~20銭/1ドルと高くても10分の1程で取引できるのです。 FXスワップのおかげで、同じ外貨で運用する場合でも、銀行などの外貨預金より、FX(外国為替証拠金取引)で取引した方が有利になるのです。FXのスワップポイント(スワップ金利)はFX各社により異なるので、FXスワップ金利はよく比較して決めると良いでしょう。

 手数料が安い 

FXは手数料が安い!


銀行などの両替で、一般の外貨両替だと、1ドル当たり1円から2円ほどの両替手数料がかかってきます。

この場合、日本円を ⇒ 米ドルに、さらに米ドルから⇒ 日本円に両替する過程では、2回、両替手数料がかかってしまいます。

しかし、FX(外国為替証拠金取引)では、一般の銀行での両替手数料に比べると、はるかに安い手数料で両替が可能だったり、またそのほとんどが手数料そのものが無料(※実際には、売買レート差の中<差益>に入っています)というケースもよくあります。

株の取引の手数料に比べるとFXの場合は手数料そのものが無料という点もFX取引をする上の魅力だと思います。


 上がっても下がっても儲けることができる 



 24時間取引ができる 

FX(外国為替証拠金取引)においてもっとも重要なゴールデンタイムは、ニューヨーク市場が開く日本時間の21時~で日本のサラリーマンにとっては願ってもないタイミングになります。帰宅して、食事をし風呂に入ってちょうど一服するところでメインの市場が開いてくれるのです。

こうなると国内の株式市場とは違い、大事なところで売買のチャンスをものにすることが可能になります。会社で上司の目を盗みつつ、株価を確認しなくて済みます。休み時間に注文を入れている人はあなただけではありません。

ではFX(外国為替証拠金取引)における「24時間」と「1週間」の流れを簡単に解説していきます。1日中トレードされているFX(外国為替証拠金取引)では便宜上の区切りをつけるためにおおむねニューヨーク市場が終わるニューヨーク時間の午後5時を1日の終わりとしています。

為替取引は24時間であるため、一応区切っているだけになります。1週間の区切りでは月曜早朝のシドニー市場オープンから金曜日のニューヨーク市場クローズまでを1週間としています。土日はおやすみのようです。

FX(外国為替証拠金取引)において1日の中で重要な時間帯(よく為替相場が動く時間帯)をみていきましょう。まず日本時間の朝8~10時これは日本市場がゴールデンタイムになります。次に日本時間の午後3~7時にロンドン、午後9~25時にニューヨークという具合に先進国のゴールデンタイム中が当然為替相場も大きく動く時間帯になります。

 少ない投資で大きな利益が得られる 

FX投資の最大の特徴と言えば
少ない資金しかなくても、その資金の何倍もの取引が出来る 
と言うことのほかありません。

この様な特徴を持つ金融商品、ここで言うFX投資には、手元資金が小額ですむだけではなく、投資に成功した場合の利益も大きくなると言うメリットがあります。

例えばUSドルに1万ドルの投資をする為には、1USドルが100円であるとすると、日本円は100万円必要となります。

しかし、これを10分の1の10万円を出すだけで投資できるとしたらどうでしょう。

ドルが10円の値上がり(10円の円安)した場合には、利益は

110円 × 1万 - 100円 × 1万 = 10万円

100万円を全額投資していた場合の利益率は10万÷100万=10%で、10円の円安になれば10%の利益を稼ぐことが出来ます。

しかし、もし100万円全額ではなく、10分の1の10万円を出すだけであれば・・・

10円の円安で得られる利益額は10万円で変わらないのですが、投資資金が10万円なので、利益率は100万円全額投資した場合の10倍になるので、利益率は100%。

利益率が100%と言うことは、投資した金額が倍になって戻ってくるのです。

この様に、投資額を小さくすることで利益率を飛躍的にアップさせることが出来る仕組みをレバレッジ効果と言います。

レバレッジ効果がFX投資の大きなメリットであることに疑いの余地はありません。

ただし、レバレッジ効果は良いことだけではなく、利益が出るときと同じように、損失が出る際にも同じようにレバレッジが作用するので、損失を拡大させてしまう恐れもあるのです。

 たくさんのプレイヤーが参加している