|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

さ行

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DRCR辞典-さ行-


酒【さけ:名詞】

"明日は休み"と唱えながら飲み込むことでDRCRの戦闘力を3倍に高める液体。記憶力はきれいに反比例する。

獅子【しし:名詞】

この項目が追加されてはや半月。ひとつハッキリしたのは、このギルドに獅子好きはいないということなのだ。いいのかー、半ズボンだぞー。

称号【しょうごう:名詞】

DRCRではメンバーになると、マスターから二秒で考えられた称号を授与される。苦情は受け付けておりません。

触手【しょくしゅ:名詞】

①一部メンバーが熱狂的に集めていたアイテム。その単語だけで妄想を掻き立てられる。海外のエロい方面では「日本人には触手だろ!」とか言われてるらしい。
②辻リカ羊がはまっているブラウザゲーム「幕末魂」のこと。別名「なんとか塊」。運営はTSと同じガメポ。2013年2月でサービス終了。

初心忘るべからず【初心忘るべからず:格言】

ブログを始めてどれだけ経とうとも、NPCに話しかけてそれを日記としていた開設初期の心を忘れてはいけないの意。おせっかい格言の定番として知られる。

ジョニーウォーカー【じょにーうぉーかー:名詞】

①スコッチウイスキーの定番。1600円~1万円を超えるものまで幅広い種がある。
②ビリー嬢の口から発せられた場合のみ「今日壊れます」のサイン。話を聞かなくなる、ログを読まなくなる、笑い方がギャハハハハハハハハハになるなど、明瞭な特徴があらわれる。血中アルコール濃度は「ハ」の数から推察することが可能。

人語喋れ【じんごしゃべれ】

「おめでとう」→「めめめめめめめめめ」「めちょめっちょおおおおお」
「おかえり」→「かかかかかかかかか」「もももももももももももももも」
という、じゃぶじゃぶふっくな兎発祥の挨拶のようなものが、一時期DRCR内を
席巻した。
言われた方はこう返すと、場の空気が台無しになるのでおすすめ? だ。

スカイダーク【すかいだーく:名詞】

カバリア島のどこかに存在する喫茶店。
物腰柔らかなマスターの人柄と、おいしい食事が人気を呼んでいる。
もちろんアルコールも用意されており、日替わりの「マスターの気まぐれカクテル」は、常連専用の裏メニューらしい。
ドーデスとBillie-Joeの出会った思い出の店であり、現在では専らDRCRメンバーの溜まり場となっている。
※参考→喫茶です

凄いノートPC【すごいのーとぴーしー:名詞】

TSもまともにできなかった古いノートPC使いの辻リカ羊が一念発起して買い換えたノートPC。Corei7-3520M、メモリ16GB、SSD32GB、HDD500GB×2、1600×900液晶という呪文のような高スペックだが、TSにしか使っていないという。

ズレメガネ【ずれめがね】

二次転職したドラゴンがメガネ関係のアイテムを装着すると、アクションの際
非常な勢いでズレる。参考画像(下部)
このズレメガネに、尋常ではない執着心を燃やす人種が存在するんだって。
ズレメガネ要員をギルドに確保するために、時間と、計50M近いゲルダを費やした
ギルドマスターが居るらしいよ。俺は知らないけどね。(文責:ドーデス)

せつなさメーター【せつなさめーたー:名詞】

キュンキュンすると振り切れる。

千疋屋のパフェより甘い【せんびきやのぱふぇよりあまい:ドーデス語録】

ギャアアアア確かにこいつは甘そうだ!
尚、『千疋屋のみつ豆より…』等の別バージョンも存在する。結局どれが一番甘いかは不明。
元ネタは木島日記。

千疋屋のカクテル【せんびきやのかくてる】

正式名称は銀座カクテル。drcr内でカルト的な人気を誇る千疋屋だけに、ギルド酒豪組は当然の如くチェック済。
酒とは思えぬ滑らかな口当たり・ついつい後を引く上品な甘さが特徴。しかしきっちりアルコール分6%あるため、ペースを考えずに飲むと、トイレに、かけこむ、はめになる。
特筆すべきはオジョーをトイレで吐かせた挙句、『畜生』とまで言わせるカクテル特有の悪酔い効果、及び広告に登場するフルーツのうまそう加減である。老舗高級フルーツ店の名は伊達ではない。

そうきたか【そうきたか】

自分が思っていた事とは違うことになった時に銀髪の狐がよく言う言葉。
言ったら最後、会話が続かなくなる。
・・・何ででしょうかねぇ?(リファ)

そうですねw【そうですね】

DRCRの誕生はこの一言で始まった。
「俺はドリーミィでクリーミィなギルドで『そうですねw』とか言って日々を過ごすの!」
という、現・副マスターの悲鳴とも拒絶ともつかない叫び。
という訳で本当に作ってみたわけだが、今もって彼の口から「そうですねw」というセリフを聞いた者はいないという。
その後、本人が言わないのなら周囲で補完しようとする態勢が確立され、
誰かが外した時、誰かのきわどい発言を流したい時、
憐憫と嘲笑と他人のふりの混じった「そうですねw」が誰からともなく囁かれるという。