※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

システィーナ・フロウマイセン


愛称 :システィーナ、システィ
称号

種族 :ドレイク  年齢 :12  性別 :♀  穢れ値 :3
外見 :黄金色の髪 赤眼 身長132cm 体重25kg スリーサイズ B62 W44 H64


  • プロフィール
伯爵位を持つドレイクの家系に生まれた一人娘。
幼い頃から魔術を仕込まれ、金竜へと変貌する美しさから将来を有望視されていた。
しかし、家を抜け出した時に人間の少女と仲良くなり、それ以来何度も人里の近くまで遊びに行くようになる。
それを察知した父は、少女の暮らす村を焼き討ちしてしまう。
必死に止めようとしたが父の力に叶うはずもなく村は全滅、少女もシスティーナの目の前で命を失ってしまうのであった。
こんな家に居たくないと家出した直後、今度は冒険者の手によって彼女の集落は破壊されてしまう。
最後まで娘を救おうと冒険者と対峙した父だったが、彼女の耳に届いたのは彼の死に際の咆吼だった。
少女の足で歴戦の冒険者から逃げられるわけもなく、すぐに追いつかれ魔剣を破壊されてしまうのであった。
金竜に変身するドレイクの少女は珍しいと冒険者は彼女を人里へと連れ帰り、見せ物小屋へと売り飛ばしてしまう。
それからの数年は言葉にできない絶望の日々だったが、ある日隙を見て逃げ出すことに成功。
しかし、行く宛もなく路銀も持たない彼女はすぐに力尽き倒れる。
次に目を覚ました時は、とある宿のベッドの上であった。
幼い命を救ったのは彼女の最も忌み嫌う冒険者、ここはその憎い冒険者の集う宿。
心の整理がつかず、どうにもならない憤りを感じつつも、他に宛のない彼女に選択の余地はなかった。
それから一年、色々な場所を巡り、やがて一つの冒険者の宿へとたどり着く。
次はここで暫く厄介になろうと、新しい宿の扉を叩くのであった。

  • これまでの軌跡
鈴の鱗亭に冒険者として登録し、仕事を待つ日々。
行き倒れた経験から、食べ物に少し執着しすぎる所がある。

  • 性格
人見知りが激しくプライドが高い。
人間蛮族両方に対して良い思い出がないので自分から声をかけたりは滅多にしない。
餌をあげると少し懐きやすくなる。
  • 他PCとの交友関係
ガヤルド 同じドレイクの男性ね。昔のことを詮索するほど私は愚かじゃないわ。

  • セッション履歴
+ 1~10
+ 11~20
+ 21~30


プレイヤー :ふぃる

登録タグ: