※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

極東wiki
+基本情報)

基本情報

【募集人数】 3~5
【日程】基本21:00~26:00 8/4開始。その後は未定。詳しくは下記。
【締め切り】 8/3、20:00に締め切り、事前説明を行う可能性あり。
【サーバ・ポート】cokage.net
【推奨総経験点】90000~120000
【誤差】相談してくれると考慮するかもしれなくもないです。
【部屋名】表:#しゅ部屋 / 裏:#りー部屋
【その他】
 ・種族特徴強化:基本的に○
 ・防御ファンブル:×。また、それに伴う回避放棄も×
 ・信仰と神の力:今の所完全不採用。
 ・GM初心者です。
 ・gdgdでも泣かない。
 ・死んだらごめんなさい。
 ・異世界モノに近いと思います。
 ・しゅりシアです。覚悟をお願いします。許容が無理なPLは参加をご遠慮ください。
 ・しゅりシアです。覚悟をお願いします。許容が無理なPLは参加をご遠慮ください。
 ・大事な事なので二回言いました。
【注意事項】
 その後の日程はすべてPLGMの相談により決定のため、
 場合によっては都合があわず長期拘束が発生する可能性があります。
 あらかじめご了承ください。
 場合によっては、都合が合う時間が発生すれば昼や深夜に行う可能性もありますが、
 一応は「急がず進行」を目標とします。
 少し無理をしてでも早く終わるべき、という方は趣旨に反する恐れがあります。

 キャンペーンは同時に複数はできない制限がハウスルールであります。
 他に参加したいキャンペーン、シナリオがある場合、
 そちらを優先した方が幸せだと思います。GMもPLもネ。



+その他、日程等

その他

  • セッション回数は、GM力のたまり具合にも寄るでしょうが、PCの行動次第で大きく変化する可能性があります。(想定は15回前後)
  • 独自の戦闘処理【スペルカードシステム】を使用します。

日程など

  • 基本的には毎週水曜日、日曜日の21時~26時(なるべく1回で一話分を終わらせれるよう)に行きたいと思っています。
    • PLの都合により、時間が前後したりその週に開けなかったりするであろう事をご了承ください。



+概要

概要

このシナリオの舞台は、帝都ルキスラから遠く離れた島国、テラスティア大陸南東に存在する【極東(イーストエンド)】になります。
かつて魔動機文明時代の中期頃までは交流があったそうなのですが、現在は深い霧の結界に包まれた、伝承の土地と化しています。

ある日、“マギテック協会長”ドルッケン・ガーデルが日課の魔力の測定をしていた所、ある場所で測定器であるマギスフィアを落としてしまいました。
しかしその瞬間、一際強く魔力の反応があります。不審に思ったドルッケンがそこを調べると、巧妙に隠された結界の中に地下へと続く階段がありました。
その階段を降りた時、彼はある物を見つけます。それは、床に描かれた大きさ30m×30m程の巨大な魔方陣と、その中央に設置された祭壇のような魔動機。
テレポーター。遠く離れた場所へと続く魔動機には、まだかすかな魔力の反応がありました。
ドルッケン、及び報告を受けたユリウスが内密に探索・調査をした結果、行き先は信じられない事に『極東・ヤートゥング』を示して居ました。
解った理由は簡単。魔方陣、及び魔動機の構成術式の中に、今では使われなくなって久しい…極東の地方語が使われていたからです。

事実であれば世紀の発見となるでしょう。ドルッケンは、それを早速発表しようとユリウスに進言しましたが、ユリウスはそれを留めました。
「探索もせずに発表するのは性急だろう」「この事が他国に知られれば、多くの調査隊が送られるだろう。それによりテレポーターが壊れるかも知れんぞ?」
そう言った言葉により、テレポーターについての情報は封鎖され、その調査は冒険者の手によって行われる事になった。
果たして、その先にある物とは何なのであろうか―――。



+NPC(北部:トオノ地方)
NPC(北部:トオノ地方)




+NPC(中部:ムサシ地方)
NPC(中部:ムサシ地方)




+NPC(西部:イズモ地方)
NPC(西部:イズモ地方)
  • 名前:スグリ 
 種族:ナイトメア  生まれ:サムライ 
 年齢:??   性別:男   穢れ値:1
 概要:名も無き村の村長を務める男。元々はサムライであったらしいが、来歴も何もかもが不明。
    名も無き村にてPCたちに助けられ、ウグイスへの紹介状を書く。

  • 名前:ゴリ
 種族:蛮族     生まれ:コンゴウ種
 年齢:43   性別:男   穢れ値:2
 概要:名も無き村とウグイスの間にある山、クツル山の頂上に居を構えるコンゴウ族の長老。
    戦闘を好まず、名も無き村とは親交を持っている。

  • 名前:ヤシロウ
 種族:人間     生まれ:商人
 年齢:31   性別:男   穢れ値:0
 概要:ウグイスに居を構える呉服屋『エチゴヤ』の店長を担う男。先代から店を譲り受け、人蛮、そして一部の妖怪とも交易を行う。
    商売人ではあるものの、金よりも情を重んじる性格。それにより、ある程度ウグイス城からも信頼されているらしい。

  • コトリ
 種族:妖怪     生まれ:河童
 年齢:63   性別:女   穢れ値:0
 概要:極東、イズモ地方を行脚している陸河童(陸を棲家にしている河童)。魔動機術を嗜み、ウグイス城主とも親交を持っている。
    今回、トオノにある河童の本拠へと紹介状を書く代価として冒険者達に『水竜の髭』を取ってくるように依頼した。

  • シャッコウ
 種族:神族     生まれ:???
 年齢:??   性別:女   穢れ値:0
 概要:極東、イズモ地方はウグイスの北に存在する『水神の祠』の主にして、祀られる水龍の守護者兼友人。
    訪れた冒険者に試練を与えたところ事故で一人が死んでしまったため、急遽神の力で蘇生させた。
    そのため、現在は力を使い果たしセーフモード(人間体)になっている状況。外見は10歳くらいの金髪碧眼の少女。




+用語(極東全般)

用語(極東全般)

  • 極東(ヤートゥング)
【ヤートゥング】
テラスティア大陸から東にあると言われる、大小6つの島で構成される島国です。
かつて魔動機文明時代の中期頃までは交流があったそうなのですが、現在は深い霧の結界に包まれた、伝承の土地と化しています。
そのため、現在では半ば伝説の国と化しており、『その地では黄金で家が出来ている』『何かを封印している』『喪われた魔動機文明の技術がそのまま眠る土地』など、様々な憶測が飛び交っています。
多くの文書は『大破局』の際に失われてしまっており、そのために多くの学者達が過去の戦争から研究を繰り返しています。

独自の文化体系を築いており、ルキスラ等の大陸では見られない品々や動物、幻獣、宗教が見られます。
島の中に更に小さな国が乱立しており、絶えず戦争が行われています。そのため人口の割には戦争に強いですが、その目は基本的に外では無く内の平定、統一に向けられています。
小国の中には人族と蛮族が(戦争のためとは言え)融和している国もあるなど、大陸ではほぼ在りえない情景が見れる事もあるでしょう。
貿易はされず、巨大な結界による鎖国がなされています。

【特別な技能】
極東に存在する特異な技能として、『サムライ』『ニンジャ』と呼ばれるものがあります。
『サムライ』は刀と呼ばれる湾曲した刃を持つ剣を使い、主に一撃で相手を倒す事に長けています。
精神性を重んじる技能であり、正々堂々とした戦術を好む者が多いといわれています。
『ニンジャ』は軽戦士であるのと同時に、忍術と言う魔術的な技能も用いる、暗殺や諜報に長けた密偵です。
極東の独自性を表す最たる物であり、基本的には特定の領主に仕える従者として存在しています。

【スペルカード】
極東のみに存在する魔術具の一つで、動物、幻獣、精霊、果てはヒトやヨウカイまでもの力を篭め、汎用性を持たせたものです。
様々な種類がありますが、主に戦闘に使われる事が多く、極東戦乱の一要因にもなっています。
しかし、これがあるからヒトがヨウカイと互角以上に戦い、調伏出来ると言う面もあるため、誰もが忌むと同時に感謝している、奇妙な存在です。
この魔術具を考え出したのはトオノに存在したとあるミコと言われますが、もはや伝承の一部と化しています。

スペルカードは「補助動作」で使える特殊能力です。
これらにはそれぞれ効果終了するまでの時間が設定されており、戦闘が終了するか、時間切れになると二度と使えません。
効果は主として味方を補助したり、敵を弱体化させるものですが、中には直接攻撃するものも含まれます。
これらの効果は抵抗できません。 また、敵もスペルカードを使って来る場合があります。
スペルカードを持っている敵を倒すと、戦利品によってはそのスペルカードを取得、使用することが出来るようになります。
スペルカードは原則的に、1ラウンドの間にPTで一枚までしか使えません。
また、使用者が【魔法収束】【魔法制御】を持っている場合、範囲が対象であるスペルカードは対象を限定することが出来ます。

【妖怪】
ヤートゥング全体に棲み付いている新たな分類の魔物、それが妖怪です。
ヨウカイは基本としてヒトより優れた知能を持ち、その身体能力も蛮族と等しいか、それ以上です。
個体数こそ少ないものの、その分を補って余りある力で圧倒します。また、中には人族や蛮族を襲うもの達も居り、暴走している者たちはアラガミと呼ばれ忌み嫌われています。
後述するトオノ地方に多く生息しているようです。

【シントウ】
ヤートゥング全土に広まる宗教に『シントウ』があります。実際には宗教とは言い難く、シャーマニズムの発展形とされています。
『シントウ』は、この世のあらゆる物に神が宿るとする考えであり、良い物も悪い物も等しく神であり、畏れ敬い鎮める事でその恩恵を得る事が出来るとされています。
聖印は存在せず、多神教であるためか神像はそれぞれの神で違います。
ただし、敬虔な信者(プリースト技能を持つ程の者)は、基本的に紅白の"神が好むめでたき色"を身に纏うことで、その力を更に強めている事があります。
また、教義上"始まりの剣"に依存していない為、種族の隔てなく信仰している場合があります。

+シントウの特殊神聖魔法
【2】ケガレバライ
対象:1体 射程:接触/起点指定 時間:一瞬 消費:MP3 抵抗:なし
行われる動作に対する"穢れ"を払い、阻害を取り払います。
対象が次に行う行為判定に+1のボーナス修正を与えます。

【4】ミソギコトバ
対象:1体 射程:30m/起点指定 時間:3分(18R) 消費:MP7 抵抗:なし
祝詞にて禍を禊ぎ、神の加護を与えます。
対象が生命・精神抵抗判定を行うとき、+2のボーナス修正を与えます。

【7】マガツオロシ
対象:術者 射程:術者/― 時間:1分(6R) 消費:MP8 抵抗:なし
自らの体に禍神(マガツカミ)を降ろし、自分の理性と引き換えにその力と加護を得ます。
命中力判定、行使判定、生命・精神抵抗力判定に+3のボーナス修正を受け、与える物理・魔法ダメージを+6点します。
同時に回避力判定に-2の修正を受け、攻撃・行使の対象が「射程内に居るすべての対象」からランダムで選ばれるようになります。
この能力は補助動作で行われます。

【10】ツクヨミ
対象:1体 射程:30m/起点指定 時間:一瞬 消費:12 抵抗:なし
極東の月神、ツクヨミを降ろし、その月光にて照らして精神を鎮める加護を与えます。
対象のMPを【威力10+魔力】点だけ回復させます。この能力はクリティカルせず、自分には行使できません。
また、この魔法はシントウ独特の魔法のため、他の神を信仰している対象には効果がありません。

【13】アマテラス
対象:半径6mの空間/30 射程:30m/起点指定 時間:一瞬 消費:20 抵抗:半減
極東の太陽神、アマテラスを降ろし、その陽光を照射して全てを灼き祓います。
【威力70+魔力】点の無属性魔法ダメージを与えます。



-現在所持しているスペルカード
【瘴符-フィルドミアズマ-起点指定:30m/半径3m/5】
 身体の抵抗力を下げる細菌やウィルスを生成し、体内へと取り込ませます。
 1分(6ラウンド)の間、範囲内の対象の生命抵抗・精神抵抗力に-4のペナルティを与えます。

【毒符-樺黄小町-起点指定:30m/1体】
 死者を出すほどに強力な病である、インフルエンザを短時間発症させます。
 3分(18ラウンド)の間、対象の手番の終了時に【40-(対象のレベル)】点の病気属性の魔法ダメージを与えます。
 この効果は『キュア・ディジーズ』『リフレッシュ』『レストレーション』を掛けると、そのラウンドのみ無効化できます。

【疾符-天狗の立風露-自分対象】
 風の加護を受け、最速のスピードを得て行動します。
 6ラウンドの間、自分に【ヘイスト】と同じ効果を与えます。

【風符-風神一扇-射撃:10m/1体】
 団扇の力の一部を解放し、攻撃力を上昇させ、風属性の効果を付与します。
 6ラウンドの間、部位:武器による命中力を+3、打撃点を+6点し、属性を【風】に変更します。

【硬符-蛙石神-自分対象】
 道祖神としての力を発揮し、武器に威の力を宿します。6Rの間、命中力に+4、打撃点に+8点のボーナスを得ます。
 ただし、効果の発揮中は自分の回避力に-3のペナルティを得ます。



+用語(トオノ)

用語(トオノ)

  • トオノ地方
極東の中でも未開の地域に分類され、ヒトよりも幻獣、妖獣の勢力が強い地域です。
イズモより派遣されたミコや、ムサシからサムライが修行に来たり等、多くのヒトが訪れますが、帰って来る者は殆ど居ません。
噂によれば、トオノの中央にはイズモとは独立したミコが居り、そのミコが幻獣・妖獣との架け橋になっているため、閉鎖的ながらもそれなりに平和な地域とも言われますが、真偽は不明です。

  • 河童の本拠
妖怪集団『河童』が生息し、社会を築いている場所です。そこでは多くの河童が、日夜新技術の開発に明け暮れているそうです。



+用語(ムサシ)

用語(ムサシ)

  • ムサシ地方
最も領主が多い地方であり、それゆえに戦乱が絶えない地域です。
様々な領主が、各々ムサシ地方、そして極東の覇権を握らんとして表裏問わず動いています。



+用語(イズモ)

用語(イズモ)

  • イズモ地方
シントウの中心地でもあり、同名の中央都市は永世中立の巨大な社となっています。
中立を貫いている土地だからか、住民には他の2地方から亡命してきた者の姿が多く見られるでしょう。
しかしだからと言って武力が無い訳ではなく、強力な信者部隊である「ミコ」が各所の防人として置かれています。

  • ウグイス(邑)
イズモ地方の北端にある、中規模の邑。ムサシ地方の流れは汲むものの、イズモに存在している為に戦とは無縁な存在でした。
しかし、最近になり戦乱が大きくなった事で、ムサシ地方の大規模な戦争に巻き込まれるのではないかと危惧されています。

  • 名も無き村
PC達が流れ着いた村。村はずれに壊れたテレポーターがある。
村長はスグリ。土蜘蛛に被害を受けていたが、PCたちに救われた。現在では田畑の復旧作業が行われている。


+極東でのみ使用可能な装備品
銀雷/赤口の太刀 基本取引価格:取引不可
知名度:20
形状:白く輝く曲刀。まるで蛇を思わせるような紋様がついている。
カテゴリ<ランク>:ソード<S>
概要:ヤートゥングの水神、シャッコウの力が篭る剣。あらゆるものを喰らい尽くす力を持つ。
   銀雷の名はセリエルが名付けたもの。
製作時期:魔動機文明/現代

効果:
<ランク効果>
あらゆるものを食らうとされる、シャッコウ神の力が込められています
自分が与えたダメージの十分の一の数値だけ、自分のMPを回復することが出来ます。

武器名 用法 必筋 命中 威力 追加D C値 その他
シャッコウ 1H 12 +3 41 +2 セリエル専用装備(名誉アイテム扱い/ヤートゥング内のみ効果発揮)