※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オルセイン


「一人の力、多数の力……力は千差万別でありながら、真理は一つ。それは、敗者には何も言う資格などないということだ」
「俺は俺、他者は他者。その思いを比べる意味などない。俺は俺の道を進む」

愛称
称号

種族 :ナイトメア(人間生まれ)  年齢 :18  性別 :18  穢れ値 :1
外見 :漆黒の長髪に、頭にはバンダナ。深紅の瞳を持っている。
服装は、上は黒が基調の軽装。下も黒いジーパン。また、左頬と腹部に傷痕がある。
異貌時は、耳の上あたりから二つの巻き角が上へ伸びる

  • プロフィール
経歴:『かつて信頼できる友人がいた』『裏切られたことがある』『体に傷跡がある』
彼は、ダグニア地方で生まれたナイトメアだった。
テラスティア大陸でも、特に穢れに対する迫害が酷いダグニア。
そこで彼は両親に捨てられ、迫害されながらも、血反吐を吐きながらも、生きていた。
そんな中、出会った親友。彼は人間だった。
自分のことを友と呼んでくれた彼を、信頼していた。
しかし、その信頼は裏切られた。
罪を被せられ、その身に親友の刃を受ける。
流れる血を手で抑え、朦朧とする意識を親友だった者への憎しみで奮い立たせ、彼は生き延びた。
そして、生まれ持った身体能力と、ふとしたことで手に入れた魔動機術の知識。
それを使い、彼は生き続けてきた。
だが、心から誰かを信頼することは……できなかった。

本名は『オルセイオス=グランディス』。

  • これまでの軌跡
キリやセルレアのおかげで、ほんの少しだけ軟化してきた模様…?
ってか、なんかもう丸くなってきている
ローズと同行した依頼の帰りに寄ったある施設で、始祖神の歴史の闇を垣間見る
すこし、昔の自分に戻った。
かつての傷痕、その身に流れる血
その全てに決着をつけるために、一人ダグニアへと旅立った。

憎悪、悲哀、憤怒、そういった負の感情に彩られた自分の過去に決着を付け、ルキスラへと帰還。
なにがあったかはあまり語ろうとはしない。ただ、顔や体にいくつか傷痕を増やした。
その結果、少しだけ雰囲気が軟化してる気がしなくもない。

  • 性格
戦闘狂、人嫌い、無愛想。
他者を遠ざけがちであり、また他者に触れられることを嫌う。
戦いの中で一定の傷を受けるとスイッチが入る。
他者を拒みながらも、何かと周りを気にかける。
自分にできることは戦いのみと思っている

過去に決着をつけてからは、少し性格が軟化したかもしれない。
ただ、前よりもかなり口が悪くなってるという評価もあり。
良くも悪くも、自分の気持ちというものを出すようになったかも…?

  • 他PCとの交友関係
名前 感情or関係 コメントなど
キリ ずっと側にいろ 貴様の時間を俺の生に刻みつけろ。拒否など認めん。これから貴様の生きる時間全て、この俺が貰い受ける。……側にいることを認めた、唯一の者
セルレア 強さと弱さ 普段は強く、逞しく、真っ直ぐな女。だが、どうやら弱い部分もあるらしい。いつの間にか篭より消えた
セレスティア ひ弱 とりあえずもっと体力をつけろ。魔術の多様性に関しては見事
アルマンディン 斥候 今のところ、拳骨を落とす率NO.1。斥候としては優秀。めんどくさい約束事をさせられた
セリカ アホ壁 攻撃ではなく防御面を重視している女戦士。普段の言動がアホらしく騒がしい
ヘイディ 騎兵 酒場で会ったエルフの女騎兵。考えなどがなんとなく気が合う気がした。ウサミミは何故つけてるかは知らん
スクリミル 人懐っこい兎 ふん、まさか死んでいるとはな。精々ゆっくり眠っているが良い、手向けの花ぐらいはくれてやる
ローズ また会おう 帰って来てみれば、随分と喰らい雰囲気が消えうせていた。どうやら、貴様にも良いことがいろいろあったようだな。お互いの話は……また会ったとき、気が向けばな
ミチェル 甘い 甘いことばかり言うルーンフォーク。ただ、それが貴様のいく道ならば貫き通してみるが良い。帰ってきても変わっていない。泣くのはまだしも、いちいち謝る癖をどうにかしろ(嘆息






プレイヤー :水薙 零

登録タグ: