※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 【GM名】
 ルナール
  • 【所持PC】
  • 【使用チャンネル】
 #竜篭ルナール_表 及び #竜篭ルナール_裏
  • 【ルール解釈】
 <選択ルール>
 ■ルールブックⅢ
 不採用:信仰と神の力
 ■アルケミストワークス
 採用:アルケミスト技能
 採用:一般技能
 採用:アイテムデータ  
 採用:種族特徴の強化
 一部:絡み/絡める部位は胴体のみとします。
 不採用:防御ファンブル

+ハウス等ルール規定
  • セッション外からの達成値の持ち込み
確認する手立てがないので基本的に認めません。『インターミッション』のタイミングで事前に達成値を求めてください。
魔法などでセッションに参加しないPCの基準値が必要な場合、[その魔法が使えるレベル+7]を達成値として扱います。
事前に達成値を求めなかった場合は、達成値を0として扱います。
  • 判定へのボーナスの例
■有利な道具を使用する例
化粧品→人間への変装判定にボーナス
水着→水泳判定にボーナス など
■有利な知識を得る例
罠に対して構造解析判定→罠などの詳細が分る。解除判定にボーナス
事前に名前の判明したモンスターに文献判定→魔物知識判定にボーナス など
■その行動に集中する
判定の所要時間を1段階増加させた時間を費やす など
上記は一例です。基本的に進言制であり、アイディアが優秀だと思われるなら積極的に採用しようかと。
  • 魔物知識判定
以前に成功した魔物知識判定に関して別卓の場合、確認が取れない可能性が高いので、当卓以外の成功例は基本的に認めないものとします。RP的には忘れてたなどとしてください。
  • n体に対する行為判定
範囲の広い魔法や薙ぎ払いなどは、使用者が1回だけ判定を行い、それに対して抵抗や回避を試みるものとします。《魔法拡大/数》はその限りではありません。
  • 魔晶石
1個の魔法、練技につき1個の魔晶石を使えるものとする。ただし、1セッション内で所持できる魔晶石は点数に限らず最大10個までとする。
例1:練技3個使用時に3点の魔晶石を3個使用する。→可
例2:練技2個使用時に6点の魔法石を1個使用する。→可
  • 探索について
『エリア』に対して探索を行うことを可能とする。対象を明記せずに探索を行った場合は、『エリア』に対して行ったものとみなす。
これを対象に探索判定を行うと、GMが指定する部屋や区域内で、初期状態で存在する物すべてに探索判定を行ったものとする。
探索の結果、発見された物に対しては、その探索判定は有効で無いことに注意すること。
また、個々に探索判定を行うことも可能だが、『エリア』で探索した物を個別に探索する場合、或いはその逆も判定の再挑戦とみなし、所要時間が増加することに注意すること。
  • 時間について
時間の概念を使用する場合、判定等の所要時間は、個人が費やした時間の中で最長の時間が経過したものとする。
例1:PCAが探索判定(10分)を行い、アイテムを発見する。PCAがアイテムに対して探索判定(10分)を行った。→経過時間20分
例2:PCAが探索判定(10分)を行い、アイテムを発見する。PCBがアイテムに対して探索判定(10分)を行った。→経過時間10分
  • 特技・魔法・その他
+戦闘特技
戦闘特技
《足さばき》:敵の移動を妨害するための制限移動距離にも有効。
《かばう》:《足さばき》による制限移動力の増加は無効。かばう対象が乱戦状態の場合、自動的にその乱戦エリアに参加する。自身が乱戦状態の場合は同じ乱戦エリア内から対象を決定するものとする。
+真語魔法
真語魔法
【シール・エンチャントメント】:この魔法の達成値を難易度とした【センス・マジック】【アナライズ・エンチャントメント】【マナ・サーチ】などで魔力が判明されるとする。
+操霊魔法
操霊魔法
【クリエイト・アンデッド】:スケルトンアーチャー、スケルトンソルジャーを作成可能とする。
【カース・ドール】:《魔法拡大/数》などで対象を増やしても人形は1個で行使に支障は出無いものとする。
+神聖魔法
神聖魔法
【バトルソング】:一度加護を受けた場合、範囲から出ても術者が歌い続ける限り持続する。加護を与える対象は魔法使用時に決定すること。
+魔動機術
魔動機術
【リピートアクション】:アイテムを消費した場合、分身も同じアイテムを消費する(弾や魔晶石など)。MPやアイテムが不足し、同じ行動を取れない場合は、効果を発揮しないものとする。

  • 【マスタリング方針】
  PCやPLの提案とかは破綻しない程度に取り入れたい。
  場面の切り替えを意識。
 ・オープニング
  冒険の動機付けなど。
 ・インターミッション
  依頼を受けてからの準備、シナリオ(依頼)の補足など。
 ・本編
  文字通り。
 ・エンディング
  本編の結果の経緯など。

+オリジナルデータ
オリジナルデータ
+地域
地域
  • 山村リンベル
 ルキスラ、竜の篭から馬車で1日ほどの場所にある森に囲まれたエルフの山村。
 人口構成の殆どがそこで生まれたエルフであるが、異種族の職人も住んでいる。
 村の中央にある大樹が特徴的であり、村の外周は防壁が設置されている。
 神殿は無いが、アステリアを祭ったほこらが存在する。
 周囲の山では魔動機文明に作られたという遺跡があり、数々の特殊な金属が採掘されている。
 殆どはマギテック協会に取引されているが、一部は村の職人が加工して村で使われている。
 取引があるため、乗合馬車が行き来し、交通の便は良い。
 一方で付近に蛮族のねぐらが存在するらしく、下級蛮族との諍いは絶えない。
 その背後にはより強力な蛮族が控えているようだ。

+NPC
NPC
+冒険者の宿
冒険者の宿
  • ロッダ
 ロディ不在時に店を切り盛りする姐さん。当卓で酒場で仕事を斡旋するのはこの人。
 豪快でサバサバした性格だが、人の話を聞く前に色々決めてしまうのが玉に瑕。
 料理に関しては意外と器用で、創作料理を手掛けている。
 食べ物を粗末に扱ったり、残すと容赦なく拳骨が落とされる。
 ただし、どんなに見た目がゲテモノでも、食えないもの、不味いものは作らない。

+山村リンベル
山村リンベル
  • リング
 山村リンベルの村長。普段はにこにこと悪戯を思いついたような笑顔を浮かべている。
 経歴は不明だが、器は広いらしく、村民にも慕われている。
 たまに型破りな行動をとるが、村を思ってのことであり、受け入れられている。
 その結果が軍隊式訓練で育てられたような屈強なエルフ自警団だったりするが。
  • エルフの女の子
 白い子猫を抱えたエルフの女の子。
 冒険者が近付くと逃げ出す。
 逃げても、ちょっと遠くから様子を伺ってることもある。
  • グリポン
 村の近くにある採掘洞を住処にするグリフォン。
 村にもよく出入りして子供の相手をしたりご飯を食べたりしている。
 色々あったが、村にも受け入れられて悠々自適な生活を送っているそうだ。
 なお、片言ながらも共通語を喋るレア種でもある。

+マギテック協会
マギテック協会
  • ヘーン・タイダー(コネ/顔見知り/5点)
 変態。それ以上に変態であり、それ以下の変態であることを追記しておこう。
  • リリノア
 残念な主人の元についた可哀相なルーンフォークメイド。
 イエスやノーなどの断定するような言葉を頭に付ける特徴的な喋り方。
 無様な肉塊の代わりに冒険者たちをもてなし、時には依頼の解説をしてくれる。
 紅茶と茶菓子は絶品でもある。

+セッション履歴
セッション履歴
No タイトル 日時 コメント GMB/Lv/成長
1 リンベル防衛線 10/05/21 エルフの村まで馬車の護衛任務 ルーカ/4/知力
2 ロシレッタの影 10/05/22 ロシレッタでタコと魚人退治 ルーカ/4/精神力
3 リンベル採掘洞 10/05/23 グリポン、襲来。そして アレイス/2/敏捷度
4 グリポンのごはん 10/05/26 美味しい鍋を作ったよ アレイス/5/知力
5 ボーンレギオン 10/05/27 荒れ狂うラグ、ピンゾロ、スケルトン ルヴァ/5/器用度
6 駄目だこいつ、早く何とか(ry 10/05/28 変態だー! 保留
7 ヘーン・タイダーの逆襲 10/06/05 メイドー! 保留
8 リンベル貿易道 10/06/05 ボガード大暴れ 保留
9 霧の屋敷の倉庫清掃 10/06/23 霧の屋敷 保留