※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本的な注意

日本語入力について
MapToolではIMEが有効になっていると、トークンの移動やメジャー(距離計測ツール)使用時にウェイポイント(中継点)の追加が行えなくなります。
また、入力ボックスや各種ウィンドウの表示が日本語に対応してない場合が多々あるので、MapTool上のチャット機能は使用しない方が無難です。
日本語の文字化け
トークンの編集ウィンドウ、マップエクスプローラ、マップ切替メニュー、ローカルファイル参照など、主に入力ボックスやツリービューなどで日本語文字が□に化けます。
この場合、入力自体は正常に行われていて、日本語表示可能な部分では正常に表示されます。
ネットワーク
MapToolはデフォルト設定でポート51234をサーバとの通信に使用します。ファイアウォールを設定している場合は、必要に応じて設定してください。
サーバを立てる場合は、ルータがUPnPをサポートしている場合はUPnPを有効に、そうでない場合はポート51234をMapToolを立ち上げているPCに転送するようにルータを設定する必要があります(ポートフォワードやIPマスカレードなどルータによって機能名が異なります。なお、危険なのでDMZは使用しないでください)

用語

キャンペーン(Campaign)
通常はシナリオファイル(.cmpgn)を指します。
トークン(Token)
PCやNPCを表すコマです。内部にパラメータやマクロを包括します。