※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィナンシェ・M・オークレール

Financier・M・Auclair

「醜の御楯とは言わない。わたしは剣、ライフォス様の御為に蛮族を屠る事・・・それが唯一の存在意義。穢れたわたしに相応しい。」

愛称 :フィナンシェ、フィナ
称号

種族 :ナイトメア(人間生まれ)  年齢 :16  性別 :女  穢れ値 :1
外見 :肩まで伸ばしたアイスブルーの髪、瑠璃色の瞳。穏やかな印象。角は二本、異貌時には鬼のように伸びる。

(イラストはシーコード画伯よりいただいたものです。ありがとうございます!)

  • プロフィール
経歴:
(B:5-2) 魔物を倒したことがある
(C:1-6) 純潔である 
(C:2-1) 規律に厳しい環境で育った

ダグニア地方、セフィリア神聖王国出身。
ナイトメアである事から幼いまま家から出され、ライフォス神殿でセフィリア式教義を教え込まれ、
自分の中には蛮族と同じ穢れがある事。穢れである自分はライフォス様のため蛮族を撃滅する事、そうする事のみ存在が許されると学ぶ。
ナイトメアの実戦部隊へと配属し、最前線で使い捨てられそうになりつつも生き残ってしまった。
穢れ持ちを昇進させるのも憚られ、情勢が比較的落ち着いてきた事もあり冒険者として経験を詰む事を勧められ、体よく神官戦士団を追い出される?
本人は自らの力に限界を感じていた事もあり使命の為、紹介された冒険者の店、龍の籠へ

穢れは許さない、自らも含めて。だから、穢れた自らが尖兵となって不浄を撃滅し、走狗として煮られるという未来が理想であり、夢だと公言する事を憚らない。
なので、一人でも多くの蛮族を倒す。それのみを自らに課しているつもり。

密かな趣味はバイオリン演奏。あくまでも密かなので、人前で演奏した事はありません。


異貌

神官として、走狗として・・役目として戦う時は血に酔います。まるで逃げるように
感情で、蛮族その他関係なく斬ろうとする時はそのままの性格のまま屠りに行きます。



クレリック:3
ライフォス神殿に預けられていたため、神官らしい事もできます。

ソルジャー:2
神官戦士団で鍛えられました。

ミュージシャン(バイオリン):5
小さい頃から神殿にあったバイオリンを隠れて勝手に弾いていました。
どこからともなく聞こえてくるバイオリンの音色はライフォス神殿の七不思議のひとつになっているらしい。
ただ、司祭様やシスター達は気付いていて黙認していたとかしていないとか。


  • これまでの軌跡

魔剣「ミスリル・オブ・ダークネス」
魔剣:ミスリルブレード魔化+1
鞘には「我、暗銀の名を持つもの」とかかれており、鞘も黒いが刀身も銀ではなく、漆黒の刀身をしている。
希少価値の高い、マナを含んだ黒いミスリルを使用した剣。
その精製は通常の鍛冶師にはできず、マナに精通しており、かつ、腕のいい鍛冶師でなければ、精製できない。

元はミラボア王国が所蔵、守りの剣とともに輸送される途中。誇り高きドレイクの男爵、アンダー・ファン・デルセンによって奪取される。
その後、男爵の得物として冒険者との決闘に使用され、勝利し守りの剣を奪還した事の報酬として「ライト・オブ・ミスリル」とともに冒険者に譲渡。フィナンシェに買い取られる。



  • 性格

好き:穢れ 音楽
嫌い:穢れ 穢れがないのに第二の剣の神に阿る者



良識的でいられるところでは良識派。口調もですます調。ただ、独り言や不意を打たれたときは素に戻る。結構付け焼刃で縁起臭い。
ライフォス様の尖兵なので穢れのない人や獣とは基本的に調和を目指します。

他人に煩く言うつもりはないものの、自己に関することならライフォス様の教えが全て。むしろ唯一にして絶対の存在意義。
血に酔ったりするのは一種の現実逃避なのかもしれない。

「蛮族はライフォス様の敵、穢れを倒すために穢れを持つわたしを使う。少し違うけど二虎競食。誰も困らない。」



  • 他PCとの交友関係

+印象に残っている人、他
名前 印象
レイナード(レイン) 騎獣を使役しての戦闘・・・中々の手並みのようね。


  • セッション履歴
+1~20
 2010/03/27(土)《夜》 「Arena di Fate ~ 神を喰らいし者たち ~」 GM:一二三さん
 経験値:930+50 賞金:566 名誉:10点 "謎の富豪"パンネロ(顔見知り/10) 1ゾロ:1 成長:知力
 参加PC:カルカンさん、シャーロットさん、ゼナーグランデさん、サブリナさん、セイエリスさん
 「ゴブリンを使役しているなんて・・・物好きな人達ね」 Fateポイント:1

 2010/03/28(日)《昼》 「ゴブリンよ走れ!」 GM:パイロンさん
 経験点:1200+50点 報酬:1200G 名誉:22 1ゾロ:1 成長:知力
 参加PC:ミリさん、レイナードさん、レナさん、サブリナさん、リさん
 「食人鬼といっても、劣化ではこんなもの?」

 2010/03/28(日)《夜》 「怪しい依頼」 GM:Ryoさん
 経験1090 報酬2140 名誉13 1ゾロ:0 成長:器用度
 参加PC:ツクモさん、レイナードさん、ラーンさん、イルミナさん
 「蛮族の出る場所に一人で住むのは危険なような気がするけど・・」

 2010/03/29(月)《夜》 「目覚めの季節」 GM:TIGさん
 経験1060 報酬2660 名誉23 1ゾロ:0 成長:器用度
 参加PC:セイエリスさん、レイナードさん、スクリミルさん、イルミナさん、レイチェルさん
 「熊鍋・・・・興味はあったのに。穢れのないものを斬るのは久しぶり」

 2010/04/01(鈞)《夜》 「雪原の飛竜」 GM:TIGさん
 経験点:1050 報酬:1990 名誉18 1ゾロ:0 成長:敏捷度
 参加PC:ツクモさん、レイナードさん、シャーロットさん
 「飛竜・・・?ちょっと違う」

 2010/04/05(月)《夜》 「雪の進軍氷を踏んで」 GM:オブニルさん
 経験点:1000 報酬:1600 名誉:5 1ゾロ:0 成長:器用度
 参加PC:エルミナさん、クラヴィさん、レキルスさん、レイナードさん、ユーフォニアムさん、グランディールさん
 「あれ・・穢てれないもの。わたしとは違う。」

 2010/04/05(月)《夜》 「船上のぐらんぎにょーる」 GM:糸色さん
 経験点:1000 報酬:1600 名誉:5 1ゾロ:0 成長:器用度
 参加PC:クラヴィさん、グウェンさん、ヘンリエッタさん
 「退屈しない護衛任務・・・」

 2010/04/24(土)《夜》 「包囲網を突破せよ!」 GM:灰猫さん
 経験点:1440 報酬:3325 名誉:33 1ゾロ:0 成長:筋力
 参加PC:シャーロットさん、マナさん、ユーディットさん、ユフィルさん、リリスさん
 「わざわざ水辺から森に来るなんて。」

 2010/04/26(月)《早朝》 「姫と騎士の物語!」 GM:アビスさん
 経験点:1450 報酬:5835 名誉:50 1ゾロ:0 成長:知力
 参加PC:ミリさん、ルミアさん、ユフィルさん
 「龍があんなにいるなんてね。でも・・邪龍でも穢れはないの?」

  2010/04/27(火)《早朝》 「紛失の遺失文明」 GM:アビスさん
 経験:1440 報酬:5800 名誉:48 1ゾロ:1 成長:生命
 参加PC:クローヴィスさん、ローズさん、ユーディットさん、セラフィナさん、エレフォーンさん
 「黒いトロールの穢れ・・・なかなかね」

 2010/04/29(木)《夜》 「今日のご飯は焼き鳥or焼肉?」 GM:比具人さん
 経験点:1280+1ゾロ 報酬:3250 名誉:19点+コネ 1ゾロ:1 成長:筋力
 参加PC:クラリッサさん、サブリナさん、ローウォルフィアさん、ユーディットさん、シェシェさん
 「雷鳴・・・とても素敵。でも、わたしに向かってきて」

 2010/05/01(土)《夜》 「仁義なき翼」GM:m7iさん
 経験点:1210or(1070)+1ゾロ 報酬:3270 名誉:21 1ゾロ:0 成長:筋力
 参加PC:リリスさん、シャーロットさん、ルクさん、ユーディットさん、トレイターさん
 「穢れ・・・じゃなくて幻獣なのね」

 2010/05/08(土)《夜》 「食材探しは危険なお仕事?」GM:シャスさん
 経験点:1090点 報酬:7740ガメル 名誉:38+5 1ゾロ:0 成長:筋力
 参加PC:クローヴィスさん、カレルさん、ウェダさん、ヒューさん、トレイターさん
 「弱肉強食・・・。」 "ドワーフ鉄板焼きの店ペタン店主"アッジオ(5/顔見知り)

+21~




プレイヤーユーシア

登録タグ:

名前:
コメント:


+読まない方がいいと思います!
法王庁は言った。
穢れがあるから・・・わたしは蛮族と一緒だと。だから、行動で示すしかないと。
ライフォス様はわたしを認めてくれた。穢れのあるこのわたしを。あくまでも尖兵、走狗としてだしても、それでも十分。
神敵を打ち破り、走狗として動けることを照明し続けないと。彼らと同じではないという事を。
穢れを斬れば、ライフォス様も、法王庁も、お父様も、お母様もきっと喜んでくれる。
そして斃れたとしても、いつか風の噂に聞いた時、褒めてくれるかも、悲しんでくれるかも。

2010/05/10(月)《夜》 「守りの剣と魔剣」GM:アビスさん
走狗に誇りなんて要らない。爪でも、牙でも、倒せる最善の策を取る。
あれは神敵、それだけが分かればいいし、それで十分。もし穢れがなかったら?夢想も甚だしい。
善悪の判断など必要もない。許容も、慈悲もなく敵を切り伏せるだけでいいはず。そうできるはず・・なのに。
たとえ死の場所を変えただけとしても、逃がす事はあってはならない。
所詮、穢れ同士という事? 彼の使った漆黒の剣は対峙したあの時と同じ闇を湛え・・・ここに在る。

2010/05/13(木)《朝》 「君への想い、我が胸の中」GM:フィルさん
わたしは斬れた。一片の躊躇もなく、斬らなかったのはパーティの調和のため。それ以上の意味は・・ない!
あってはならない。あれは神敵なのだから・・・・
何故、みんなは馴れ合おうとするの?

2010/05/13(木)《夜》 「闇から忍ぶ影」GM:アルトさん
穢れもなく生まれ、剣の加護も受けられるのに・・・何故狂神に走るの?
それも、ライフォスさまの・・・わたしの・・神様の御前で魔神を呼び出すなんて、死んでも償っても足りないのに!
どうして止めるの・・・・?
薄れ行く意識の中・・・だれかが何かを言っていた気がする。
胸が・・痛んだ。