※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

画面構成

操作ツールパレット(Interaction Tools)
トークン(駒)の操作とマップ上での距離の計測を行うツールがあります。
描画ツール(Drawing Tools)
マップ上に線や図形、文字を書き込むツールがあります。
ただし、範囲魔法などの効果範囲は、基本的に後述のテンプレートツールを使用します。
テンプレートツール(Template Tools)
円形、円錐形、線形などをゲーム的に書き込むツールがあります。
FOW(Fog of War)ツール
暗闇に閉ざされた迷宮など、未探索エリアを隠したマップを使用する際に、未探索エリアの修正、書き込みなどを行うツールがあります。
なお、このツールはオフライン、ゲームマスターモード専用です。
VBL(Vision Blocking Layer)ツール
PCから見た場合の障害物になる、壁などを書き込んだり修正したりするツールがあります。
FOWと併用することにより、ダンジョン探索などの臨場感を増すことができます。
このツールも、オフライン、GMモード専用となります。

マップ切替ボタン
複数のマップが用意されている場合、ここをクリックしてマップの切替を行います。
※GMが特定のマップを非公開に設定している場合は、そのマップはリストに出現しません。

レイヤウィンドウ
操作対象のレイヤを変更します。各レイヤはそれぞれ以下の機能を持っています。
Token PC、NPCのトークンや、魔法の効果範囲など、頻繁に更新される内容を持ちます。
プレイヤーがマップに記入する場合は、このレイヤに対して書き込みなどをしましょう。
Hidden このレイヤの内容はプレイヤーからは見えません。
ゲームマスターは透明化したNPCや、隠蔽状態のNPC、トラップなどの情報をこのレイヤに書き込むと便利です。
Object プレイヤーに消されては困る書き込みや、固定情報を書き込むとよいでしょう。
Background マップ(地形)を書き込みます。ダンジョンタイルを使用する場合は、このレイヤに配置することでリサイズなどが簡単に行えます。

各種ウィンドウ

メインメニューの「Window」で表示/非表示の設定ができます。
Connections
接続中のプレイヤーの名前と権限が表示されます。
Map Explorer
マップ上のトークン、オブジェクトのリストが表示されます。
また、右クリックで各トークンの設定も変更可能です。
Initiative
D&Dなど、個別イニシアチブを扱う場合に使用します。
Library
リソースライブラリを表示します。「File>Add Resource to Library」で追加できます。
他の接続者からは参照できません。
注意。
Chat
チャットウィンドウを表示します。ウィンドウが非表示、または最小化されている状態で更新があると、メインウィンドウ左下にアイコンが表示されます。(クリックすると表示されます)
Tables
未解析。使用しません。
Global
マクロを扱うウィンドウ。使用しません。
Campaign
キャンペーンマクロを扱うウィンドウ。使用しません。
Selected
選択中のトークンのマクロを扱うウィンドウ。使用しません。
Impersonate
自身のプレイヤーキャラクターのマクロを扱うウィンドウ。使用しません。
Show Transfer Window
画像などの転送状況を表示するウィンドウ?
添付ファイル