※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<左道玩笑>エスペランザ・アルハザード(ドレイク族/女/??歳)

「うふふ。データ採取、始めましょうか。」

ラクシア中を飛び回り、様々な喪失技巧を収集、開発している蛮族。
バスティスの姉だが、その性格は正反対と言っていいだろう。
開発大好き実験大好き、でも人族も嫌いじゃないわよーとかそんな感じ(本人談)
基本的に気分屋で、ふらふらと蛮族に味方したり人族に技術を教えたりしている。
笑顔の下には品定めの目を、言葉の底には誘導の矢を込めて。
遠隔魔銃師であり、両手に銃を持って戦うスタイルを好む。また、自分に施した数々の改造のために竜化できなくなっている。
称号の『左道玩笑』とは『不謹慎な冗談』の、『トライフラー』は『ふざけた奴』の意味を持つ。
その詞は、相手のあらゆるバフ効果を消し去る効果を持つ。
ちなみにオフの日は角を隠し守りの腕輪を持って人族の街へ買い物に来る事すらあるそうな。

専攻は遺伝詞学。

(顔見知り/友人or敵性/貴重な友人or仇敵:20/500/1500)

※遺伝詞とは、種族が持つ『その種に継がれる剣の詞』である。
例えば人間であれば『運命を変える者なり』、エルフであれば『水に親しき者なり』などである。
これを抽出、移植する事により蛮族にも剣の加護を受け継がせれることがバスティスの研究により判明した。
だが、それ相応の拒絶反応もあるため鋭意改良中である。