※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マリアベル=D


愛称 :D、マリアベル
称号 :【魔女/30】【全方位魔術師/50】【魔神王殺し/58】【ザルツ十英雄/50】

種族 :エルフ  年齢 :342歳  誕生日 :弥生月一日  性別 :女  穢れ値 :0
外見 :外見年齢10歳ほど、銀の短髪に一房の青髪。目にちょっと光が戻ったようなそうでも無いような?
キャラ絵はおらくるさんより賜りました。百億の感謝を。

  • 経歴
【純潔である】【かつて従者がいた】【忘れられないほど美味しい物を知っている】
  • プロフィール
竜槍山脈から北に三百里ほどのところにある、確かな満足を約束してくれるという【アガルタ地方】から旅をしてきたエルフ。
性格はかなりの自分勝手。そして自己犠牲の率が高い。一言で言えば性質が悪い。
アガルタの名産だったミード(蜂蜜酒)の味が忘れられないらしく、よく良質のミードを求めている。
基本的に総受け体質&純潔。未だに月の物が来ないのが微妙な悩みだったりする。
現在はクセニア宅にて同居中。最近はルミアを連れ込む事が多くなった?
家族と別れ随分と経過しているせいか、拠り所(依存先)に飢え、求めている。
そろそろ破綻が見え始めた気がしないでもないが、とりあえず精神はある程度回復したような。
あと何かローズの凹んだ姿を見てて、何で神を目指し始めたのか思い出したらしい。
ルミアに紆余曲折あって告白、絶対に諦めないと誓う。
竜の篭に引退届を出し、神となる為の旅に出る。 その背後には、二人のナイトメアを連れて居たという。

+過去
+過去について
元々は捨て子である。今から330余年前、【ひろってください】と書かれた薄汚れた箱に入れられていた所をプッチと言う姓のエルフに拾われた。
彼らは彼女を快く迎え、家族同然として扱ってくれていた。
だが、義理の娘であるためか、馴染みきる事は彼女には出来なかった。
そんなある日。彼女と姉の一人が買い物に出ている時。目の前に突如機械兵が現れていた。
《大破局》が終わる20年ほど前の事である。戦争は激化し、敗残し命令を失って暴走した機械も多くあった。
そんな相手に対し―――姉は、彼女を護る様に立ちふさがり、そして攻撃を受けて倒れていた。
護られていたのに、彼女は立ち上がることすらも出来なかった。機械の刃が振り上げられ、正中線に沿い身体が断ち割られようとしていた。
だが、次の瞬間、機械兵はその動きを止めていた。
割って入った一人の男の手に握られたグルカナイフは、刃を持つ腕を切り裂き、そのまま機械の中枢部を抉り抜く。
放心していた彼女は、慌てて辺りを見渡した。 すると、倒れている姉の横に一人の幼い少女が何やらを唱えている。
気付けば、姉の身体には傷一つ無い。彼女は、突然の闖入者に驚いたものの…放心が解けると、深く感謝の言葉を伝え、家に帰った。
そこから先は、多く記す事は特に無い。姉は元の様に神になると叫んでいるし、両親も普段通りに過ごしている。
しかし、彼女は、そのまま家を出た。
姉に偽の記憶を植えてもらい、そのまま闖入者の魔女に弟子入りしたのだ。
力を持ちたいと、護られなくとも良い力を持つために。護る為の力を持ちたいと思ったが故に。
それより暫く、マリアベルと言う少女は世界の日常の場に出現しなくなる。

+名前について
以前名乗っていた『D』と言う名は彼女の師匠から継いだ屋号であり、本名ではない。
本名はマリアベル=プリン=ババロア=ダンウィッチ。偽名のDは、『ダンウィッチの魔女』及び師匠『ジョン=ディー』からのダブルミーニングでつけられた。
偽名を名乗っていた理由として、師匠から『魔女たるもの真名を他人に教えるなど言語道断』とかそんな命があったらしい。
カイバーベルト騒動の後、シナモン・クッキーに由来と本名を伝えた。ついでに見舞いに来てたアデルとか説教に来てたサイアスにも聞かれた。
開き直って名乗る事を決意。でも表記上は魔女だったりDだったりでほぼ変わらないと言うオチであった。

+師について
名前:ジョン=ディー 性別:女 年齢:不詳(文献による記述は魔法文明時代から存在した) 種族:不明。
外見:幼い少女の姿・金の短髪・紫色の目・赤い帽子に服、短いスカート、縞柄ニーソにブーツ。
マリアベルの師匠であり、アッパーバージョン。あらゆる知識に精通していると豪語する。
その言葉は伊達では無い、と評すのは弟子。とある男を従者とし世界中を歩き回っているらしく、一月と同じ所に居るのを目撃されたことがない。
現在、各国より指名手配されている。ただし捕まえようと思うものは既に殆ど居ないらしい。
事実として残っているのは、数百年の間彼女が存在しているものの未だに捕獲・討伐された事が無いからであろう。
強力な魔力を持つ魔人。山羊の頭部を加工した杖と人皮で装飾された魔書を持つ。
噂に因れば、魔神・悪魔と契約している故の強さだと言う。
マリアベルが師事していたのは、今からおよそ300年ほど前から150年ほど。その間に相当弄られていたようである。

  • 現在
魔女の役職として竜の篭に滞在中。
今日も今日とて日々仕事を求めて(キャラチャ4辺りで)だらけ中。たまに狼耳と尻尾が生える。
シアとの模擬戦に負けた結果、賭けにしていた賞品として、「シアが居る場所では、素の性格で居るように」と命令されてたり。
ルミアに告白。絶対に失いたくないと誓う。それこそ、死んでも追いかけて連れ戻す程に。

  • 本人から一言
「…さあ、行こう。」
 -足を踏み出したその瞬間-

  • これまでの軌跡

  • 性格
表(仮面):秩序派であり、護者。たまに他人の相談役になったりすることもある。古風口調。
共通:神の存在を信じ、それを一発殴るという目的を持っている。現在に至ってもまだまだ修行中。
裏(素):混沌派。性格が某グラランの影響を受けまくってるともっぱらの噂。自分の欲望に素直。


  • 他PCとの交友関係
基本的に適当。

  • 特定PCへの感情
PC名 字名 感情
マリア 守護者 …ルキスラをよろしく頼むね、マリア様。
ジンジャー JOKER 下記のシアの恋人、グラスランナーの神官拳師。クッキー6兄弟の末っ子。シアと一緒に頑張ってね?
シア ともだち グラスランナーの戦闘巧者で、ジンジャーの恋人。今までお世話になりました――ま、様子は見に来るよ。 その時に、決着だね。
ローズ 後継者 約束通り、あなたの命は貰ったよ、黒薔薇…だから、これからは。 ローズ、ちょっと手伝って頂戴ね。
ルミア わたしの居場所 大好き、愛してる…だから、神にだって、渡してなんかやらないんだから…ずっと、一緒に。

+取得コネクション
字名 NPCネーム 関係 消費名誉点 GM(敬称略)
蛮族との架け橋 リョウガ 顔見知り 5 アビス
空の守護者 キング 友人 50 アビス
桜花の女王 オウカ 貴重な友人 1500 アビス
夢を追うヴァンパイア サーリャナ=メイク=ヴァージニア 友人 20 アビス
薔薇の娘 シオーネ=アルヴァーネ 友人 30 アビス
駄目パパ ズェープ=アルヴァーネ 友人 30 アビス
路地裏の守護者 ホリィ 顔見知り 5 アビス
恋するサキュバス ユキメ 顔見知り 5 アビス
琥珀亭の主人 コーネリアス=ハークマイト 友人 30 アビス
琥珀亭の住人 ヒース=イスマイヤー 友人 30 アビス
暗黒変身少女 アンバー 友人 30 アビス
学院教授 フォアブロ=ロワーネ=インフォルグ 友人 40 アビス
琥珀亭の女将 アーネンベルグ=キースマイヤー 顔見知り 5 アビス
魔術称号『赤』 トールネス=コーディリア 顔見知り 5 アビス
東大阪の姫 オリーブ=ユキ 顔見知り 5 アビス
不死身の騎士 ターレン 顔見知り 5 アビス
デビルサモナー ゴウト 顔見知り 5 アビス
元気な子供 リュウタロウ ともだち! 5 アビス
マルグレットの息子 タツト 顔見知り 1 アビス
プロフェッサー コボ博士 顔見知り 5 アビス
水神の門番 ナイトヴァンニク 顔見知り 30 アビス
水神の騎士 ウンディーナイト 顔見知り 100 アビス
水神 ホワイトホエール 顔見知り 700 アビス
人形館の少女 グレーテル 顔見知り 10
人形館の少年 ヘンゼル 顔見知り 20
世界樹の図書館管理人 セリア 顔見知り 20 えんく
光陰の双子妖精 サフィー&リスキー 顔見知り 40 えんく
理想を追うもの フィルヴァレス=ロッテ 顔見知り 50 葉月
スキンヘッドの魔術師ギルド幹部 ザサン 顔見知り 40 ナイン
実験体の少女/ジーニアス アルフィ 顔見知り 10 ナイン
仙人 イヨリ老人 顔見知り 10 いぼるー
白く輝く女王 リシェル 顔見知り 300 レクセウス
黒き絶禍の王 ウィーグラフ 友人 1000 レクセウス
善なる商売人 マルコ 顔見知り 5 両生金魚
創作と変質の神 アトリエル 顔見知り 50 水薙 零
野心の皇帝 ユリウス=クラウゼ 友人 1000 公式NPC
ボボル村族長 ラフィア 顔見知り 10 ふぃる

  • 同行回数(三回以上から追記)
十九回 マリア
十六回 シア、サイアス
九回 プリン、オプト
八回 アイン
七回 アーデルハイド、ジュリアーノ
六回 ハミット、クセニア、ケビン
五回 フィルメリア、ラーク、アムディア、アルフレート、リーン
四回 レベッカ、マクシミリアン、エウレカ、シルフィール
三回 ジブリール、フェルゲン、ザカ、エイファナジア、アーシャ、シックス、ロザリー、ミーク、イェルケル、フリゥ



プレイヤーsuryker