※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィルメリア=レーヴァイン


愛称 :フィル 称号 :銀の旋風、水の女神の小さき闘士
蔑称 :守銭奴(泣)

種族 :ナイトメア  年齢 :12歳  性別 :女  穢れ値 :0
外見 :銀髪紅眼の少女、身長140、体重30、腰まで届く長髪を毛先でひとつにまとめている。



  • プロフィール
 なぜか母親が何故いないのかに関する記憶がない。(本当は蛮族に殺されており、その際のショックで記憶を失っている)
 父親は母を探すと言って旅に出ており(実際は仇である蛮族を探すため)、自分もその後を追って旅にでて冒険者となった。
 今では、父親探しより冒険の方が面白く感じており冒険者になってよかったなと思うようになっている。(初めての冒険で生死判定2回をしたのをいい経験だと前向きに考えている)
 共に冒険を開始したウルが死んでしまったことで自分の無力さを思い知り、もっと強くなって誰も死なせないようにならなくてはと決意した。またこの時に自分の母親が蛮族に殺されたことを思い出しました。(どのような蛮族に殺されたのかは思い出せないけど)
 ラグド先生との修行の成果で、両手で武器を扱えるようになりました。(両手利き取得)
 最近、お金の魅力に取り付かれ、周りからは守銭奴と呼ばれるようになりました(泣)
 ある街を守るための戦いで、魔剣『アガスティア』と出会いその持ち手に選ばれました。
 最近、小神ルーフェリアの神殿を作るために資産を投入した結果、ルーフェリアの声が聞こえるようになりました。
 しばらく、ルーフェリア布教の旅に出ていたが、最近またルキスラで見かけるようになりました。
 最近、異貌化した上でジハドを使うと髪が金色になってしまうことが発覚しました。

  • 性格
 守銭奴。何事もお金を絡めようとする。
 本人はいたって大真面目であり、守銭奴であることの自覚がない。
 お金にこだわるのは、イザと言うときに蘇生費用を捻出したりできるようにと思ってのことである。
 また守銭奴と言われているが、ケチではないため、お金の使うタイミングを心得ている。
 竜の篭に所属する冒険者全てを家族のようなものだと考えており、ピンチの時には全力で手助けをする。

  • 裏の顔
 ルキスラルーフェリア神殿の最高司祭。
 噂では、もう一人神殿を仕切っている人物がいるとかいないとか・・・

  • 他PCとの交友関係
 ラグド:先生として慕っている
 カイム:結婚詐欺師と思っている。
 マップ:性犯罪者だと思っている。
 アーニル&ヤシュトー:いけない関係だと思い込んでいる
 マリア:姉として慕っている。
 ケビン:頼りになる、妖精使いのお兄さん。


プレイヤー葉月


添付ファイル