※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:リェナ 愛称:リェナ
種族:エルフ 出自:操霊術師
年齢:32 性別:女 穢れ値:0
外見:ウェーブがかった金髪、ぼんやりとした目で白い肌



  • これまでの軌跡
7/22 「Rabbit in croft」GM:Hope
7/23 「左のピアス」GM:クジラ
7/24 「おいしいご飯を食べるため」GM:Swind
  • 性格
明るくておおざっぱ、でも仕事に関してはがんばって気をつける
めんどくさがりだが楽しいことには全力で、特にお酒がかかっているとやる気があがったり

  • 他PCとの交友関係
ゼラニウム(1回)軽く挨拶しました
テオドール(1回)一緒に冒険しました、ちょっと魔法で巻き込んだけど仲良しだよ
マック(1回)ギル(1回)ダン(1回)
サンタマリア(1回)ウィル(1回)カレン(1回)ヴァリシア(1回)



プレイヤー:かがみ

  • プロフィール?身の上話?

(夜、ランタンはともっているが薄暗い酒場、外からは虫の鳴き声が聞こえてくる。その中で談笑するエルフと人間の神官)

冒険に出た理由?んーエルフの村は退屈だったからね・・・それにおいしいお酒もなかったし
そうは思えないって?何でそー思うのよ・・・なに?めんどくさがりのあんたがわざわざ村から出るわけないって?あはは、たしかにそーかも

んー・・・あ、マスターワインもう一瓶もらえる?

えーと・・・あなたの恋人の話だったかしら?え・・・違う?ごめんごめん、ごまかしたりしないってば
そうねー、もう20年も前かなぁ・・・その頃は村で操霊術の勉強ばっかりしてて私はこのままずっと村で一生終えるんだろうなってその頃は思ってた
で、仲の良い男の子がいてね、その子はいつも僕はいつか冒険者になって村を出るんだって言ってて・・・え?恋人?違う違う、そんなのじゃないってば、まだちっちゃかったし
ある日その子に誘われて村から少し離れたところにある洞窟に行ったのよ、そ、子供二人で
若かったな-、操霊術も使えるようになって・・・一人でもちゃんとできるって思っちゃって・・・

はー・・・ほんとバカみたい

うまくいくわけないじゃない、モンスターに襲われて・・・男の子は私を逃がすためのおとりになってくれて・・・
村に帰り着いたときは神様に感謝したわー
でも、落ち着いてくると一人で逃げてきたことが申し訳なくなってきてね・・・
誰も私のことを責めたりはしなかったんだけど、男の子の親とも気まずくなっちゃって

あ、別に逃げたって訳じゃないわよ。理由はちゃんとあるんだから

そ、その男の子にね、一緒に冒険者になろうぜって言われたの
ほら、まだ生きてるかもしれないでしょ?万が一再会できたときエルフの村のおばちゃんなんてしてたら格好つかないじゃない
それに助かったとき酒幸神さまの信仰に目覚めちゃって、ちゃんとした神殿で勤めたかったの

そうよー、だから今は幸せなの。男の子とも再会できるって信じてる。

あはは、気にすることないわよ別に気にしてるわけじゃないし
ほら、飲んで飲んで、ぱーっと騒ぎましょ

(こうして二人の夜は更けていく)