※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ジェービス=モーガン(異貌化) ML:14===========================
分類:アンデット 知能:人間並み 知覚:五感 言語:現存する全ての言語
生息地:さまざま  反応:状況による
知名度:18/22  先制値:25  移動速度:50
生命抵抗力:18(25) 精神抵抗力:19(26)


攻撃方法          命中     打撃点   回避力  防護点  HP  MP
噛み付き(頭)     14(21) 2d+10 14(21)  6  100 300 HP+20(4個
なし (胴体)      ***    ***  13(20)  8  120  20 HP+20(4個)
不死神のカマ(腕)x4 18(25) 2d+15 15(22)  2   40  20 HP+10(2個) 

弱点 :銀武器ダメージ+3 火属性ダメージ+3

部位数:6 コア部分:頭

●概要

不死神の高僧ジェービス=モーガンが異貌化した姿です。通常の異貌化とは異なり、
その身に不死神の穢れを受けることでアンデットとしての性質を宿しています
肉は全て腐り落ち、巨大な骸骨のような外見です。
2対の腕を持ち、それぞれの腕には禍禍しいカマを持っています。
頭蓋骨の目の部分から、死後も魂を縛られた亡者が、生きているものを引き込もうと怨みのこもった魔法を使います。
腹には巨大な頭蓋骨が納まっていて、
そのの目からはやはり亡者が救いを求めて、新たな犠牲者を引きずり込もうとしています。

●特殊能力
◎全身
「聖者の刻印」
イシュメルチャーチによる刻印を体に受けています
そのため各種の能力が落ちています

「精神効果無効」
「ユニコーンの角無効」
「ファストアクション」

「大きい」
胴体のHPを0にしないと、頭への近接攻撃は届きません

◎頭
「神聖魔法(不死神)/16(23)」
レベル14までの神聖魔法を使用します。

「マルチアクション」「魔法拡大/数」「魔法制御」「魔法収束」「魔法誘導」「鷹の目」「魔法拡大/距離」
を持ちます

「生者を怨む亡者の言/11(18)」
レベル8までの真言魔法、操霊魔法を使用します。どちらを使う亡者が出てくるかはランダムで決定されます。
ランダム次第では出てこないこともあります。
亡者は「魔法拡大/数」「魔法制御」「魔法収束」「魔法誘導」「鷹の目」
を持ちます
生者を怨む亡者の言は補助動作で行います

◎胴体
「救いを求める亡者の手/生命抵抗/14(21)/半減」
腹の骸骨に取り込まれた亡者が救いを求めて掻き毟ります。胴体に近接攻撃するごとに「2d+4」の魔法ダメージを受けます

「怨嗟のブレス/術者基点/半径20m/精神抵抗/12(19)/消滅」
あまりに濃い怨嗟のために真っ黒い霧のように見えるブレスを吐き出します。
精神抵抗判定を行い、失敗すると宣言を必用とする技能を1Rの間使用することができなくなります。
「怨嗟のブレス」は主動作で行います。

◎腕
「不死神のカマ/生命抵抗/16(23)」
不死神のカマによる攻撃を受けたキャラクターは、生命抵抗判定を行い失敗すると生命抵抗に-1を受けます。
この効果は1Rに一度しか発動しません
この攻撃を受けた状態で生命抵抗が0になると即座に経験点1000を得て、プリ-スト技能(不死神メティシエ)を取得します。
その後そのキャラクターはジェービス=モーガンに逆らうことが出来なくなります。


●戦利品
自動   不死神のカマ(4つで) 20000G
2~10 不死神の高僧のストラ  30000G
11~  不死神の高僧のポンチョ 40000G

ジェービス=モーガン
●概要
不死神の高僧です。大破局の際にも人族に敵対したナイトメアとしてその名前が記録に残っています。
同じ人物なのか、はたして名前だけ受け継いだ者なのかは定かではありませんが、歴史書に彼の名前があがる時
多くの人命が失われています。