※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分かっている機能

  • グラフィックソフトで作成したマップの読み込み、またはビルトインドローツールでマップの表現が可能。
  • 移動経路の表示、経路上のウェイポイント(通過地点)の設定が可能(U字に移動なども可能)など、わかりやすい移動機能。
  • スペースバーを押すことで、マウスカーソルの位置を他人に見せることが出来る。
    (カーソルで指しながら、「このあたりを調べます」などが可能)
  • 魔法範囲の描画ツール。サイズ決定後に、Ctrlを押すことで範囲表示を移動可能。ただし、マスを中心にできないのが問題点。
  • 光源の設定が可能。視界モードを夜に設定すると、光源範囲のユニットしか見えなくすることができる。また、暗視(光源無しで見える)や低光量視界(光源の範囲をn倍として扱う)も設定可能。
  • ダンジョンの壁などに、視線の遮蔽効果を設定できる。
    ダンジョンなどで、物陰に潜む敵キャラクターなどが配置可能。
  • マップの一部をプレイヤー側に伏せることが可能


調査中の機能

  • キャンペーンマクロによって、ある程度の判定がMapTool上でクリックのみで可能っぽい。
  • 同様にダメージ計算もできるかも。ただし、マクロリファレンスがあまり整備されてないっぽいので、レーティング表の実装が可能かどうかは不明。
  • イニシアティブ管理