※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ザカ


名前 :ラフレンツェ=カーディナル=ザカ
愛称 :ザカ、ラファ
称号 :ゴールドラッシュ、ルキスラの十英雄、魔神王殺し、蜃気楼を踏み越えし者
PT称号 :永遠に語り継ぐべき山神を鎮めし村の英雄達(アンジェリヒタ、セト、ヘスティア、ロザリー、自分)

種族 :エルフ  年齢 :15+1歳  性別 :女性  穢れ値 :0
外見 :身長:158 / 体重:51 髪の色:金 / 瞳の色:青 / 肌の色:白 / 胸:F / 服装:シンプルな暖色系クラシカルワンピースを着用し、それに装飾品をいっぱいつけるのがすき。


  • 【現在】
 2010/06/05をもって冒険者としての仕事に区切りをつけ、かねてからの夢であった商人としての仕事を本格的に始める。
 拠点も、元々ルキスラだったものを皇帝ユリウスの協力を得、新天地ブルーム(剣をつぐもの4巻参照)に移動した。
 新しい拠点では、従来のL.C.D.の服飾産業に続いて実家の仕事であった酒場の経営業にも手を出し、ルーフェリアの両親を迎えて、楽しくやっているようである。
 恋愛のほうは、依然としてユリウスクラスを狙っているため、なかなか(本人にとって)いい出会いがないのが玉に瑕だろうか。

  • 【プロフィール】
 ルーフェリアの裏通りのゴミ漁りが、紆余曲折の末、豪商ドリュアスを目指して旅立ち、ルキスラに流れ着いた。
 サカロスの熱心な信者で、憧れの人カロリーヌ・ドリュアスのレベレイションを受け、2009/01/17神官となった。
 長い金髪をなびかせながら連打を叩き込む様子から、色んな意味を込めて“ゴールドラッシュ”と呼ばれるようになった。
 2009/08/02ノインテーターに体を乗っ取られて戦い死亡、後にコールゴッドで蘇生。本人は死亡自体を認識していない。
 ノインテーターの件が片付いたことで、サカロスの声がはっきりと聞こえるようになった(プリ2になって特殊神聖が使えるように)。
 ルマ湖畔のミスコンで歌が上手く歌えず悔しかったのでバード取得。冒険者稼業に役立ちそうなのでアルケミ取得。
 生ける伝説になったので、お抱え劇団を表向きとしたL.C.D.GOLD社を設立。
 劇中に登場するお酒や服のブランドを自社ブランドとして出すというメディアミックス?商法で、商売の世界に乗り出した。

性格 -> 平時は静かだが感情の揺れが強い。打算的でそれにより態度を変える。人間不信…は抜けてきたかも。
好き -> 現金、酒、プレゼント、うたたね、水浴び、温泉
嫌い -> 自分、大型の生物、性欲

  • 【他PCとの交友関係】
セイ 漸く落ち着いたか。本当に・・・やれやれだ。
リーツ まっすぐで見るものを失わない神官戦士。
セト 口調はおかしいが腕は確か。本当にアレで満足しているのだろうか。
ヘスティア ついつい情が移る妹分(年上)。サイアスの厩に通うのはやめれ。
アンジェ ファッションについて語れる数少ない友。冒険者稼業においても頼れる友人。
サイアス 騎獣馬鹿でなければ割といい男。それでも私の好みではないが。
イププル グラスランナーらしくないグラスランナー。だからこそここまで付き合ってるのだろうが。
ロザリー 頼れる操霊術師。天然なところも多いようだが、人としては色々と勉強になる部分が多い。
アイン 受けるところは受けて流すところは流し、返すところは返してくる。割と面白い男だと、思う。
ティルト プリーストとしての腕は確かだし、総受けタイプの便利なヤツ。
アルフレート 総受けタイプの便利なヤツその2。どうやら嫁が私と同タイプらしい。そりゃやりやすい筈だ。
イスルギ 着実に実力をつけてきてる。ウィンの分まで…とか言ってたのは真実だったか。
ジャスター 腕の立つスカウト。……だけかとおもったら意外と筋肉もあって驚いた。
ラーク 誰にでも声を掛けるところを除けばいい男なんじゃないか。それが致命的だが。
シア イププル以上にグラスランナーらしくないグラスランナー。なんだその金属鎧。
ディー 突然現れてものすごい勢いで実力をつけたウィザード。これが才能か?
メルシエ 一見お嬢様かと思えば暴走集団。ファイターをやってるだけのことはあるな。
マリア 名実ともに篭最強の冒険者だが、割と人間的な面も持ち合わせている。組んだ際には無茶させぬようにせねば。
ヒルダ アイドル冒険者。会ってみるまで半信半疑だったが、実力も確かだ。
アリス ルーンフォークらしいルーンフォークが強化されるとこうなるのか。いい腕だ。
オプト こいつを見ていると、教義の解釈によって宗教が変わっていくのがよくわかる。
リーン エルフでありながらパワー型のグラップラー。状況の変化に強いのがちょっとうらやましい
セレン 高笑いしか印象にないぞ、こいつ・・・ッ!?
アニエス 上手いこと仲良くなれた有名人。技を盗むのもよし、コネクション確保に利用するもよし、大事にしていきたい。
ファーラント クライアントかと思っていたら冒険者だった。丁寧に接して損した…まあ、明日への一歩だと思えばいいか。
ガノン しゃべらなければいい男。考え方が若いのだろうか。
アクア 現実からの目の逸らしっぷりが痛々しい。

  • 【NPCとの交友関係】
カロリーヌ・ドリュアス 人生の目標。自分もいつかこの人のように成りたい。
リクス よく金を出す使えるクライアント。大事にしていきたい。
ロディ 変態。仕事以外では関わらないほうが良さそうだ。
シルヴァートル元将軍 いわゆるロートル。なかなかいい爺さん。だった。
エルザー こいつ馬鹿だ。絶対馬鹿だ。
ヴィンフリート大佐 見てくれはいいが……これも未来の商売のため。
ロートフリート 金払いのいいマギテック。いつまで軍づとめ?
マイスター伯爵 典型的ないい人。未来の商売のため。
シューメイカー家の人々 腕はいいようだが性格は揃いも揃って…。
センリ 転生者だかなんだかわからないが金払いは良い。○。
イヴェール 金払いはいいが、理由有りのノスフェラトゥ。警戒はしておこう。
セレネストナ 悪くない。
カレイド 転送魔法アイテムが欲しい。
アプレ グラスランナーというのも意外と大変だな。
ゲットー 筋肉馬鹿。
ティアナ・T・アストラエア 元冒険者の男爵。コネクションとしては重要。
ルル・レミングス リーンの姉らしいが…、妹じゃないのか?
ヌシ様 牛お化け。こいつは何処まで人族の味方なのか。
ベアス 取るに足りない中間管理職。一応名前は覚えておくことにした。
エスペランザ=アルハザード 何処まで信頼できるのかわからん。顔は覚えて寝首を掻かれないようにせねば。
バスティス=アルハザード 同上。
エドモンド さえない中間管理職。一応名前は覚えておくことにした。
フィルヴァレス=ロッテ 色んな意味でネタになりそうなものを持ったドレイク。
アデラ・カルバート 無能その1.
ヨルゲン・レイグリフ 無能その2.
ヘルミン・カルツ 自由都市への商売展開には貢献してもらおう。
カデル・クーデリア 何を考えてるのかわからぬ男。
ガートルード 称号の通り、狂った女。覚えておけば使える機会もあるだろう。
アメリア・スカイフィッシュ 空路を確保するのに世話になっている。今後も大事にしていきたいコネクション。
ユリウス・クラウゼ 意外と話の分かる皇帝。一度コネ掴んだら離さないぞっと。
コークル&ラフェンサ 聡明かと思えば割と手のかかる……年相応の子供達。今後のためにも付き合いは大事にしておこう。
バスティアン・ベアール 外見・資産・性格・地位、すべてそろったできる男。ユリウスとどっちがいいかなぁ。

  • 【プロフィール詳細】
 ルーフェリアの裏通り、ゴミ捨て場でその日の食事を漁っていた所を、酒造を経営するドワーフの夫婦に拾われる。
 拾われる以前の記憶は無く、本人もそれを気にかけてはいる。
 彼女を拾った夫婦の経営する酒造は、ルーフェリアでも、そこそこ歴史のある酒造"Dzaka"で、拾われて以降は幸せな幼少期を過ごす事となる。

 しかし、物心つく頃には、昔ながらの醸造法を頑固に守る、自宅の酒造は時代の流れに淘汰されそうになる。
 拾い、育ててくれた恩を返そうと、事実上破産した酒造の家計を助けるため、アルバイトと称して花を売る事を決意したラフレンツェ。

 エルフの少女の花売りは人気を得、確実に稼ぎをあげて家計に貢献するのだが…当然そのような稼ぎは不信に思われ、ラフレンツェのアルバイトは両親に知られてしまう。
 仕事と割り切っていても次第に快楽に溺れて行く状況と、親からの色々な感情の篭った視線と、そしてそれをどうにもできない自分に、ラフレンツェの心は昏く濁ってゆく。
 気付けばラフレンツェの性格は、次第に自分を含め、近づくもの全てを傷つけるようなものになっていった。

 そんな生活が暫く続いたある日、酒場で蔑みの声を受け、既に日課になりつつある喧嘩を始めたところに、突如入る神官風の女性の言葉。

 「呑みの席は楽しくないと? 今夜は私がおごるから、暴れてないで呑みなさいな。」

 全員の飲み代を払うと豪語して、喧嘩に向いていた酒場の喝采を独占し、驚異的な量の飲酒をしてもまったく変わらぬ顔色と落ち着きのある口調でラフレンツェ達の間を仲裁、殴り合ってついた双方の傷を奇跡をもって癒す。
 話を聞いてみれば、女性は世界中を旅し、酒で商売をしながら飲んで回っている商人ドリュアスであるとの事。
 話すうちに、そのあまりに自由な生き方と、それを可能にする膨大な資金力にあこがれ、ラフレンツェは酔いつぶれるまで彼女に話をせがみ、聞き続ける。
 ……二日酔いによる激しい頭痛で目が覚めたときには、既にその姿は無かった。

 ふらふらしながら自宅に帰ると、娘の二日酔いの朝帰りも心配せず、父親が前日の出来事を告げる。
 前日に酒商ドリュアスが圧倒的資金で"Dzaka"を買い上げたこと、彼女はその後、"ラフレンツェがいたのと同じ"酒場に寄ると言っていた事、既に別の商談に向けて、ルーフェリアを発った事。
 ラフレンツェは、店に置いてあった彼女の名刺を手に立ち尽くす。

 ―― 1ヶ月半後、ドリュアスの買い上げにより利回りがよくなった酒造のダイニングでは、ささやかながらもラフレンツェの15の誕生日のお祝いの準備がされていた。
 しかし、ラフレンツェは既にこの家に、いや、この街には居らず……部屋には書置きが残されていた。



 父さん、母さん、今まで育ててくれてありがとう。
 それから、沢山迷惑をかけてごめんなさい。

 私のしてしまった事は、今更取り消すことはできないから、
 必ず、それを打破できるぐらいの力を付けて、
 二人が堂々と自慢できるぐらいの私になって帰ってきます。

 娘の勝手を、どうか、お許し下さい。
                            Lafrenze



 「Der anastasis von neuntoter」にて、己の出生の秘密故に不死者に捕らえられる。

 ザカは亡国カーディナルの王女にして、大量の虐殺を行ったノスフェラトゥの魂が封じられた分体だった。
 父であり、神格を得たノスフェラトゥであるノインテーターの拠り代とされたザカは、瘴気を放ち無数の不死の軍団を率いてルーフェリアを襲わんとする。

 この運命からザカを救ったのは、同じ冒険者であり、友人でもあった、セイ・リーツ・ヘスティア・セト・アンジェリヒタだった。
 魂を無に還す剣を手にした友人たちは、まだ力を取り戻しきらぬノインテーターを切り、そしてザカの身体を取り戻した。

 この際、事故によりザカは死亡したものの、バトエルデンへのセイの説得により、本人の意思の確認をとらずの蘇生が行われた。
 セイは蘇生の件をザカに語らず、皆にもこれを推奨する。
 確認を取らずの蘇生自体に反論していたリーツは、聞き入れられぬままザカと絶縁することを選んだのである。

 結果としてザカは、自分が生まれながらに背負った罪と、仲間に助けられた感謝を胸に、仲間を自分が援ける事ができる限り、その手で助けられる命がある限り、冒険者という仕事だけは何があっても止めない、と誓いをたて、冒険者稼業へと戻るのであった。



 冒険者稼業に戻ったザカは、自分の名声が伝説に譬えられるようになった頃、冒険者稼業の合間に、予てよりの希望であった商売を開始する。
 やるならば本格的に、と、劇団兼商会でもあるL.C.D.Gold社を設立。
 順調に商売を行いつつ……誓いの通り、冒険者稼業を続けている。


いただきもの&自作なザカ画像集>http://www19.atwiki.jp/dragoncage/upload/285.html


プレイヤー :izm



  • ザカかわいいよザカ。ネタはともかく一見に惑わされず構い続けると情に脆かったり律儀だったりいいとこが見えてくるキャラですね。とコメント付けてたので書いてみました。 -- 名無しさん (2009-02-09 13:03:38)
    • ありがとうございます。好きにならないまでも見捨てないでやってください。 -- izm
  • からかうと、面白いですね。余計いじりたくなるというか…ふふ。 -- ㌍ (2009-03-02 19:37:57)
    • ㌍好きだあああ!!……失礼。ありがとうございます。いじってやると喜びます。 -- izm
  • ザカさんおつかれさまでした(´;ω;`) -- 名無しさん (2010-06-06 20:46:30)
    • ありがとうございます。またいつかどこかで。 -- izm
  • あまり付き合いは深くなかったが、今度はそちらに遊びに行かせて貰おうかの。勿論、客としてじゃがな。 -- suryker/D (2010-06-07 02:39:44)
    • ん、マリアベルか。そうだな、お前が来るなら丁度良い、依頼を一つ引き受けておいてやろう。 -- ザカ
名前:
コメント:

- / - / -