※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セリエル=アシュフォード


愛称 :セリエル
称号 :風雷騎士

種族 :人間  年齢 :25歳  性別 :女  穢れ値 :1(角+1)
外見 :セミロングの銀髪に大人びた顔立ち。やや華奢な体型。身長約165cm。


  • プロフィール
冒険者の家系に生まれ育った人間の女性。
それ故か、数年前に恨みを持つ人間の手によって自分以外の家族全員殺されてしまった。
そのような悪い人間を罰する力を得る為に、彼女は剣士として生きる事を決意する。
そんな重い過去を背負ってるせいか、冷静で冷徹、時に冷酷に行動する事もある。
でも普段の彼女は誰にでも気軽に話が出来る明るい人。
全てを剣に捧げた故か、全般的に女性らしい事には無頓着。一日をほとんど鍛錬や仕事に費やす(休憩時間では妖精魔法の自習をしている)。

師匠の元で剣を学び、戦いの術を学び、精神鍛錬を学び、極秘命令が来れば、
彼女のもう一つの姿『黒騎士』として、騎士神ザイアの名の下に密かに盗賊団や野盗達といった存在を断罪し、全て殺していった。
(だが命令側の存在の手回しのせいか、その存在は都市伝説等の噂の域に過ぎないとして隠されている)
だがある日同じ店の冒険者達に任務を邪魔され、諭された。『可能性を信じてみろよ』と。
そして彼女の中でようやく答えが定まった。『悪に走る者達もまた、守るべき弱者』と。ならば守り、更生させる事こそが使命と。
憎悪に囚われていた自身に気づいた彼女は、より多くの者達を守る為に、今日も鍛錬して磨いている。
だがルーフェリアでの遠征から帰還して以降、彼女の中で少しずつ軋みがはっきり表れるように―――。

その常人離れした素早さとマナを乗せた火力で全くない防御力をカバーし、生き残れている。


  • 性格
一見おっとりとして優しい性格ではあるが、仕事、特に悪い人間と対峙の際は磨かれた刃の様な冷たさを見せる事がある。
また軽々しく身分の高さをひけらかす等の言動も好まない。
現在はそう容易に悪人を殺さなくなっている。


  • 他PCとの交友関係
ラクレット:剣の師匠が彼の義父でもある為、後見人の立場を保って見守っている。
ファーラント:冒険者を引退し、愛する人と静かに暮らすことになったシーン神官。お幸せに。
バージル:同僚……なのだが、自由すぎる為度々悩んでいる。
フィンディス:一緒に冒険者デビューした仲。
ヤシュトー:仕事の合い間を縫って修行相手として手合わせしていた。騎士として頑張っている事を祈ろう。
レイヤ:自分に『可能性を信じてみろよ』と諭したナイトメア。貴方のおかげで気づけた。また隣で戦いましょう。
ノエル:仕事を通じて戦友の関係として築いた。今も元気でいるだろう。


プレイヤー :レクセウス