※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<マスターシリーズ>ゼフィルグ(人造人間/男/?歳)

「何故お前かと? 余興の主人公として仕立てようと思ってな…」

魔動機文明時代、ルーンフォークに代わる新たな人造人間を造り出す計画「マスタープロジェクト」で生産され、マスターシリーズに選ばれた最後の一体。
白い仮面、白いマントを常に身に着けている。
本来は神聖魔法に長けた素体、プリーストマスターにする予定が、
急遽全種類の魔法を使える実験体として改良を施した為、リミッター解除時のペナルティが他の素体より重くなってしまった。
その対策として特別製の剣を持たせる事でリミッターのペナルティを解消したが、
最初のマスターシリーズ、グリマスの死に際の言葉を聞いたノーラ達によって見破られ、あっさり敗北した。
他のマスターシリーズより知能が高く、自分以外のマスターシリーズを余興の駒にしてノーラ達に差し向ける辺り、人間を憎みながらも人生をゲームの様に楽しむ節があった。

スパム多発の為コメント欄を一時的に閉鎖しました。