※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞台設定その3(その他)


  • 島の規模
 島は1つあたり1平方kmほどの規模。
 魔法装置によって数箇所ある泉に水が供給され下水道も完備。
 蛮族を含めた人口は1つの島あたり数百~数千。

  • 島の階級制度
 島には階級制度が存在する。
 高い身分から順に、上位蛮族、蛮族、奴隷、浮民、になっている。
 上の者は下の者に何をしても咎められる事はない。
 下の物は上の者に逆らった際、仕留めそこなうとまずい事になる。

 上位蛮族
  支配階級にあたる蛮族。

 蛮族
  一般的な蛮族。

 奴隷
  蛮族が所有者として決まっている人族。
  この島の人族でもっとも多い。
  焼印などで管理されている。
  他の蛮族の奴隷に手を出すのは物を盗もうとするのと同じ行為。

 浮民
  所有者が決まっていない人族。
  それほど多くない。

  • 島の言語
 魔動機文明の施設をそのまま拝借しているこの島では、魔動機文明語を簡略化した言語が使用されている。
 この言語は公益共通語とほぼ互換性を持っているので、公益共通語で会話・読み書きで不自由する事はない。