※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミソラ


愛称 :ミソラ
称号 :なし

種族 :グラスランナー  年齢 :覚えてない  性別 :女  穢れ値 :1(角+1)
外見 :三つ編みにした腰を超えるほどの長さの光沢のある白髪、
   褐色の肌に緑の大きな眼を持つ見た目少女。98cm。
   頭にはローズのものである黒いお嬢様帽子が乗っている。

  • プロフィール
魔動機文明末期。
蛮族の大攻勢の最中、その危険地帯をすり抜け街から街へと人と物を運ぶ魔航船があった。
蛮族との交戦すら起きなかったといわれるの蒼い船。それは一人の航海士の神がかった直感によってなされて……
いたよーな気がする。

壊れた魔動機文明の魔航船、よくわからないわっかを乗せたあたいはその一室で見つかったらしいのだけど。
なんかいろんな人間に話聞かれて、でも空を飛んでた、そのことしか覚えてなくて、呆れられて。
それからあたいの知らなかった言葉を覚えさせられて。
その後に好きにしていいといわれたからしばらく、腕を買ってもらっていろんな船に乗ってきたけど。
正直退屈だった。
碧い海を行く船は結局あたいを満たしてくれなかった。きったあたいが求めてるのは蒼い空を行く船なんだろう。
だから船を下りて、あたいはルキスラにきた。どこか懐かしい魔動機術。そして魔航船を求めて。


  • これまでの軌跡
10/6
仕事でブラグザバスの神官を追跡遭遇、毒雲で目を潰された後に一刀の下斬り捨てられる。
この世には留まるか迷いもあったものの、ブリジットの言葉もあり蘇生を受ける。
10/8
ミリアーナ、ローズ、ヘイディと言葉を交わしたことで、蘇生者という現実に対する不安も薄まる。

記憶には無いが失明状態での死が頭によぎり、明かりのないところで一人ではあまり寝付けなったが、
ローズの帽子、ミリアーナの子守唄のおかげでそれも解消方向に向かっている。


  • 性格
自由奔放だが、仲間というものに対する意識は強い。
基本は来るもの拒まず、去るもの追わずのスタイルだが、
気を許した相手には依存しやすい傾向があり、そういったものを失うことには恐怖を感じる。
空へ対する憧れが強く、夢は自分の船を手に入れ自由に空を旅すること。
苦手なものは完全な暗闇と孤独。


  • 他PCとの交友関係
なうろうでぃん



  • NPCとの交友関係
顔見知り
+ #01~


  • 冒険記録
+ #01~

  • であった人たちと呼び方
+ ...

  • 思い出の写真
+ マギスフィア小入17/50

+ マギスフィア大入1/1000

+ ホログラフィ3/60分



プレイヤー深風

登録タグ: