※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正義の女神は微笑まない

概要

人族、蛮族。あまりにも隔たれた者達。 その狭間で如何なる選択肢を取り、どのような道を歩むのか。

マンカインドサイド(人族)

真っ当な人族として、蛮族を討伐し、過去の栄光を取り戻そうとする冒険者達。 そこへ、依頼が舞い込む。それは、ある蛮族のはこびる領地を奪回する依頼であった。 しかし、彼らの障害となるのもまた、冒険者だった…

バルバロスサイド(蛮族)

蛮族でありながら冒険者である微妙な立場である冒険者達に依頼が舞い込む。 それは、人族から領地を護って欲しいという依頼だった。 果たして冒険者達は人族を蹴散らすのか、蛮族を裏切るのか、それとも…

参加してみようという方へ

1.1キャラクターにつき、(人)と(蛮)、どちらか片方に付いてください。 2.キャラクターは固定ではありませんが、以前の参加者を若干優遇します。 3.まだない。

セッション(予定)

*最初に(人)とあれば人族側、(蛮)とあれば蛮族側です。

第一話:(人)討伐隊員募集

フェンディル王国から北西へ5日程歩いた所にドレイクカウントの領土があるという。 その領土を解放し、人族の土地を拡大するというのが、今回の依頼である。

第二話:(蛮)醜き者は一体どちらなのか

フェンディル王国から北西へ5日程歩いた所にドレイクカウントの領土がある。 今、フェンディル王国が攻勢を掛けている地域である。 その中にある、ある小さな村から、救援の依頼が来た。 どうやら、人族の無法者どもが、人族・蛮族関係無く殲滅しているらしい。

第三話:(人)窮鼠猫を噛む

フェンディル王国から北西へ5日程歩いた所にドレイクカウントの領土がある。 その討伐へ向けた活動が活発化する中、いくつかの蛮族の集落が人族の都市に対し合同攻撃を仕掛けるとの情報がある。 竜の篭の冒険者はその各個撃破に協力を要請された。