※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


主人公の星飛雄馬は、かつて巨人軍の三塁手だった父・一徹により幼年時から野球のための英才教育を施される。プロ野球の読売ジャイアンツに入団後、ライバルの花形満や左門豊作らを相手に大リーグボールを武器に戦う。いわゆるスポ根野球漫画の走りともいえる作品。

『巨人の星』(通称「左腕編」)は1966年から1971年まで『週刊少年マガジン』に連載され、『週刊少年マガジン』連載直後にKC(講談社コミックス)全19巻で刊行された。
KCスペシャル版と1995年の文庫版では全11集である。
その続編『新巨人の星』は1976年から1979年まで『週刊読売』に連載された。
『巨人の星』・『新〜』ともによみうりテレビ系でTVアニメ化され、アニメ映画も7作品が製作されている。

左腕編と『新〜』の間の時期を描いた『巨人の星・外伝〜それからの飛雄馬』も読みきりで『週刊少年マガジン』に掲載されており、飛雄馬失踪(5年間)の開始から3年後を扱っている。
これは『新〜』の文庫版の巻末に収録されており、1978年掲載で『週刊読売』の『新〜』掲載期間と重なるが、河崎実『巨人の星の謎』では「昭和48年」=1973年であるとしている。

講談社漫画文庫『新巨人の星』で「新魔球の章」と『巨人の星・外伝』を収録した第6巻1996年版では、巻末に『新巨人の星』の初出が『週刊読売』1976年10月2日号 - 1979年4月15日号に掲載、『それからの飛雄馬』は『週刊少年マガジン』1978年2月12日号に掲載とある。

関連作品では2006年8月9日より『週刊少年マガジン』誌上で、梶原一騎・川崎のぼる原作、村上よしゆき作画で『新約「巨人の星」花形』が連載を開始、現在も連載中である。

星飛雄馬(ほし ひゅうま)
声優:古谷徹
本作主人公。時に挫折しつつ、努力と根性で只ひたすらに“巨人の星”を目指し、魔球大リーグボールを生み出す。
星一徹(ほし いってつ)
声優:加藤精三
飛雄馬の父。飛雄馬に数々の試練を与えた“野球の鬼(球鬼)”。最終的には自身が敵と化し、飛雄馬の前に立ちはだかる。
星明子(ほし あきこ)
声優:白石冬美
心優しき飛雄馬の姉。母のいない星家唯一の女性でもあり、飛雄馬にとっては母親に限りなく近い存在。
巨人の投手となった飛雄馬と中日の打撃コーチとなった一徹が対立した際、家を出てガソリンスタンドで働く。この時花形満と出会い、後に彼と結婚する切っ掛けとなった。伴宙太も告白したが、玉砕している。
伴宙太(ばん ちゅうた)
声優:八奈見乗児
飛雄馬とは青雲高校からの友人。義に篤く涙もろい。物語後半では中日に移籍。一徹と共に星の敵となり、後に明子に告白するも振られる。『新巨人の星』では、再び飛雄馬の支援者になっている。
花形満(はながた みつる)
声優:井上真樹夫
飛雄馬を“我が生涯のライバル”とみなし、挑み続ける花形モーターズの御曹司。阪神に入団。大リーグボール1号を苦心の末打つ。『新約「巨人の星」花形』では主人公を務める(設定上は別人)。
後に(星)明子と結婚し、飛雄馬の義理の兄になる。新巨人の星では飛雄馬の復活を助けるも、本格的に投手として復活した後はかつての熱い思いが甦り、ヤクルトに入団。再びライバルとなった。
左門豊作(さもん ほうさく)
声優:兼本新吾
飛雄馬が高校時代より縁を持った、熊本出身の巨漢スラッガー。大洋に入団。
後に飛雄馬に惚れていた女番長・京子が、飛雄馬のために手の腱を切った際に自分も好きだった彼女に尽し、妻とする。
アームストロング・オズマ
声優:小林清志
元アメリカ大リーグ・セントルイス・カージナルス選手。一徹のいる中日に契約選手として入団。その際一徹に飛雄馬が子供の頃巻いていた大リーグボール養成ギプスをオズマ用にしたものを巻かされ、ヘロヘロになりながら、「イエッサーボス」といいながら振りまくり、花形が破りながらも自身をも滅ぼしかけた大リーグボール1号を完全攻略した。帰国後はベトナム戦争に出征し、そこで受けた傷がもとで非業の死をとげる。
速水譲次(はやみ じょうじ)
声優:羽佐間道夫
元陸上競技候補生の巨人軍選手。巨人入団テスト最終選考でのスパイクの紐作戦にて自慢の足を見せるも、夢中になった飛雄馬の魔送球の前に敗れるが、伴とともに補欠入団となった。
牧場春彦(まきば はるひこ)
声優:野沢那智、仲村秀生、富山敬
常にスケッチブックを持ち歩いている漫画家志望の青雲高校生。後に漫画家となる。飛雄馬が退学になった伴大造襲撃事件では、暗器(武器)を使って襲撃。伴宙太は初め飛雄馬を疑い、闇鍋を行う。牧場の悲しい身の上を知った飛雄馬は身代わりになるが、牧場は宙太に事実を告げる。また、二軍登板の際に飛雄馬のスコアをつけ、左門が飛雄馬の球質の軽さを見抜くきっかけにもなっている。
日高美奈(ひだか みな)
声優:松尾佳子
宮崎の山奥の沖診療所で働く。飛雄馬の恋の相手。
京子(きょうこ)
声優:武藤礼子、新・新II:小山まみ(現・茉美)
新宿繁華街で名の知れた「竜巻グループ」の女番長。通称お京さん。後に左門の妻。大リーグボール3号のヒントになった。
オーロラ3人娘
TV版終盤に登場する女性タレント3人組。