※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

橋本 潮(はしもと うしお、1965年9月22日 - )は、日本のアニメソング・キッズソングを中心とする女性歌手である。東京都杉並区出身。明星学園高等学校→和光大学人文学部芸術学科卒業。

『ドラゴンボール』エンディング曲の『ロマンティックあげるよ』や、『テレポーテーション~恋の未確認~』をはじめとした『エスパー魔美』の主題歌・ED群などで知られる。

透明感のある声で知られる。1984年3月、高校の卒業時に応募した日本コロムビア主催の「超人ロック 主題歌コンテスト」で優勝。

同年9月に発売されたイメージアルバム『超人ロック vol.III~光の剣』に収録された『私は帰りたい』でデビュー。同世代の山野さと子らと共に、堀江美都子の次の世代を担うアニメソング歌手として期待され、1980年代のアニメソングを多く歌った。

また『アンパンマンのマーチ』やひらけ!ポンキッキの『このみちどんどん』など、他社で発売されたアニメソングのコロムビア版カバーも歌っている。

アイドルの中川翔子が橋本潮のファンであることをブログなどで公言。また、中川自身のアニメソング・カヴァーアルバム『しょこたん☆かばー 〜アニソンに恋をして。〜』では『ロマンティックあげるよ』を、『しょこたん☆かばー×2 〜アニソンに愛を込めて!!〜』では『テレポーテーション~恋の未確認』をそれぞれカバーしている。

2007年11月23日に、実施された『第一回全国総合アニメ文化知識検定試験』では、見事3級に合格した。

2008年 6月4日、新たにアレンジされたセルフカバー曲「ロマンティックあげるよ(21st century ver.)」と「魔訶不思議アドベンチャー(21st century ver.)」が収録されたミニアルバム『イナズマchallenger』発売。 高橋洋樹と二人で歌唱する同アルバムタイトルでもある「イナズマchallenger」などの新曲と他にもremixなど計8曲収録。 表題曲のサウンド・プロデュースは、オリジナル・ヴァージョンのサウンド・プロデューサー「田中公平」が、担当した。



エンディングテーマ - 「ロマンティックあげるよ」(作詞 - 吉田健美、作曲 - いけたけし、編曲 - 田中公平、歌 - 橋本潮)

本作のメインヒロイン・ブルマの姿が中心に描かれているエンディングの『ロマンティックあげるよ』では、アニメーションが三度も変更されている。当時連載されていた原作漫画の扉絵や、ジャンプ・コミックスで発売されていた原作漫画のコミックス表紙イラストをセル画に描き起こしたものが多数使用されており、それらを一部変更して使用していた。一度目は胴着を着てない孫悟空とその仲間たち、二度目は胴着を着た悟空+クリリンとその仲間たちが描かれ、「第23回天下一武道会・マジュニア編」以降では悟空など主要キャラクターが成長したことに伴い、三度目の変更では曲に合せて流れる映像に登場するキャラクターの姿もそれに準じたものに変更された。