※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カウンター
[PR]占い

 

興行成績は?www19.atwiki.jp/dragonballz/pages/124.html



ついにハリウッド実写映画版ドラゴンボールの正式タイトルが「DRAGONBALL EVOLUTION」というタイトルに決定したわけですが、それと同時についに公式の予告編ムービー(1分55秒)が登場しました。その中身はこれまでネット上に流出した数々の予告編をはるかに超越する内容となっており、いろいろな意味でワクワクできる想像を絶する映像が展開されています。

百聞は一見にしかず、まずはその予告編ムービーをご覧ください。

再生は以下から。


IGN Video: Dragonball: Evolution Movie Trailer - International Trailer(最初にCMが流れた後、「640x360 High-Resolution」を選んで「Save」ボタンをクリックすれば高画質で再生が始まります)

youtubeで動画を見る
























高画質版のダウンロードは以下から(現時点ではダウンロード可能だが後ほどダウンロード不可になる可能性大)。

QuickTime形式:640x360 (55.9 MB)
WindowsMediaVideo形式:640x360 (42.6 MB)
WindowsMediaVideo形式:1280x720 (84.4 MB)

上記ムービーはいわゆるインターナショナル版なのですが、YouTubeにはなぜか朝の情報番組でちらっと流れた日本語字幕付きバージョンがそのまんま流出しています。

YouTube - Dragonball Evolution Trailer


日本では2009年3月13日(金)より日本先行公開となっており、http://dragonballthemovie.com/というのが公式サイトになりそうです(現在はアクセスすると20世紀フォックスのページに飛びます)。また、浜崎あゆみの2009年発売予定の新曲「Rule」が全世界主題歌に決定だそうです。

・関連記事
実写映画版「ドラゴンボール」の大猿になった悟空が衝撃的な姿に - GIGAZINE

ハリウッド実写版映画「ドラゴンボール」予告編がネット上に流出 - GIGAZINE

実写映画版「ドラゴンボール」予告編公開日が2008年12月12日に延期、公開中止になった予告ムービーはこんな感じ - GIGAZINE

実写映画版「ドラゴンボール」、世界に先駆けて日本での先行公開が決定 - GIGAZINE

実写映画版「ドラゴンボール」の予告編の一部画像が流出か? - GIGAZINE

実写映画版「ドラゴンボール」は全三部作になる予定 - GIGAZINE

実写映画版「ドラゴンボール」には原作未登場キャラクターが登場 - GIGAZINE

実写映画版「ドラゴンボール」、悟空やピッコロの俳優が決定 - GIGAZINE

公式サイトhttp://movies.foxjapan.com/dragonball/

 

続編企画

映画には三部作構想があり 悟空役のチャットウィンは三部作の契約を結んでいる[

プロデューサーのチャウ・シンチーは降板する前に中国紙のインタビューに対し、20世紀フォックスに悟飯ベジータトランクスの配役について要望を伝えてあると語っていた。

製作総指揮のティム・ヴァン・レリムはメキシコの新聞El Siglo de Durangoに対し、悟空が続編の最初で死亡する事を明らかにした[

4月になって、主演のジャスティン・チャットウィンが続編の脚本が書きあがっていることをインタビューで答えている。

しかし、20世紀フォックスが5月公開予定であった『X-MEN』のスピンオフ作品『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の映像が、公開前に流出した事件でナーバスになっていた所に今作の不振が重なった事から、成績次第では続編の製作予定が破棄される可能性も強まっている。

事実、『GODZILLA』は制作費が日本円で約180億円と制作費が高騰し、興行の失敗から配給収益での回収が困難を極めた事から続編の製作が破棄された上に、アメリカ映画界が怪獣映画に対して敬遠するようになり、『キングコング』のリメイクや『クローバーフィールド/HAKAISHA』の製作に支障を来した経緯がある。