※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女「・・・・・・」
男「・・・・・おはよう・・」
女「うん、おはよう・・・(なんか今日暗いな)」
男「今日はいい天気だな・・・(くそっ、余命後半年ってまじかよ・・・)」
女「え、えっ?(うそ・・・・うそだよね・・・)」
男「おいおい、そんな調子で大丈夫かよww(迷惑はかけられないからな・・・どうしたもんか・・・)」
女「男の方こそ大丈夫なの!?人の心配する前に自分の心配したらどうよ!!!」
男「えっ!?ちょwwwどこ行くんだよwwwww

      • あいつ、泣いてた?」

女「イヤだよ、そんなこと・・・グスッ・・・そんなこと知るぐらいならグスッ・・・こんな能力なんかいらないよぉ・・・ヒック」


男「で、妹が育ててたモンスター勝手に育てたら後寿命半年になっちゃったんだがどうしたらいい?」
男友「氏ねばいいと思うよ」

読心クール(以下:読)、脳内実況(以下:実)、誤解殺気(以下:誤)、ほぼ無反応(以下:無)

無「……(……)」
誤「……(ど、どうしよ。何話したらいいのか、わからない。ていうか、私、場違いだよね?みんな美人過ぎ……)」
実「……(さぁ、始まりました、新ジャンルスレ出身の四人でお送りする座談会。しかし、誰一人として口を開こうとしないという緊急事態。実況を務めさせていただいている私も、この状況では実況の仕様がありません)」
読「……(これは、私から話すべきかな?だけど、この状態の方が楽しいかも)」

実況(ヤバイです!最近男君とクールさんが接近している気がします!あの方は本当に同級生かというぐらい美麗な感じで、そこはかとなく危機感を感じます!)
クール(聞こえてるよ……。というか美麗って///)
実況(まあ、美麗といえば聞こえはいいですが!言い換えてしまえば、ぶっちゃけ年増っぽいということです!あの妙に悟ってる感じがアダルティーな感じです!
   そして!私の調査によれば、男君はどちらかというとロリっけのある娘の方に興味があるはず!しかもどちらかというとペド属性!
   この年でペドに興味があるとは、男君趣味わるっ!とか、変態っ!とか罵倒してみたいですが!
   私は決してそんなことは言いませんよ!ええ!言いませんとも!
   そこも彼の魅力なんです!そこはかとなく、将来犯罪起こしそうだから、私が守ってあげなくちゃ☆みたいな母性愛が刺激されちゃうじゃないですかっ!
   それに!兄への聞き込みに寄れば、アニメの影響で幼女への興味が増えている輩が多いとか!
   そう考えれば、別段男君は変じゃないはず!)
クール(……私への印象が年増って言うのは、初めて聞いたorz
    ついでに、男が小さな子が好みって言うのも初耳だ……)
男  「おはよう、二人とも」
クール「……ああ、おはよう」
実況 「おはよう」
クール(なんとかして男が小さな娘が好きなのか聞いてみたいな……。 
    あ、そうだ!)
クール「そ、そういえば、最近ニュースなどで小さな娘を狙った犯罪が多いと聞くな。
    その……、同じ男として、そういった輩の気持ちはわかる物なのか?」
男  「ん?全然理解できないぞ?」
男  (犯罪は不味いだろ、犯罪は……)
クール「そ、そうか」
クール(そこまで偏った偏見を持っていないんだな、良かった)
男  「そりゃーな」
男  (俺だったらもっと上手く立ち回るさ。そもそも、行き成り見知らぬ娘に話しかけるのが悪い。
    俺だったら、親戚の娘とかクールの妹とかに声を掛けていくぜ!
    同意があっての行為は犯罪じゃないしな!あー、そういや、クールの妹って可愛かったよなーw)
クール(…………お、男って私には興味がないのかな)
実況 「……そろそろHRですね。では、また」
実況 (あー、もう!男君は学校に来るのが遅すぎです!もっと早く来れば皆でお喋りできるのに!
    私は実況できるのに!昼休みが待ち遠しいです!)
男  「ああ、んじゃな」
クール(……小さい娘。
    私は背も高い方だし、そちらの方には全く無縁な気がする……)
男  「ん?クールも早く席に戻らないと先生来ちまうぞ?」
男  (小さい娘も良いけど、クールみたいな奴が偶に見せる笑顔の方が可愛いよなーw)
クール「あ、ああ」
クール(な、なんだ男!人を心配させるな!)
素直ヒート 「遅刻だぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

読心「誤解、きのうの金曜ロードショー見た?」
誤解「・・・・見た。(トトロでしょ?何回見ても面白いよね)」
読心「(やっぱりな)好きなシーンどこだ?」
誤解「・・・メイ。(皐月がトトロの所にいくとこ、感動する。)」
読心「ああ、私もあそこが好きな所だ。」
男、男友「・・・・・」
男「読心ってよく誤解と話し出来るよな」
男友「気が合うんだろ。でも何で一言で話が通じるんだ?」
男「さあ?」

読心「(昼か、今日の弁当はなんだろうか)」
シュ「(チョコレートかけごはん……)」
読心「!?」
シュ「(読心さんのお弁当の中身は絶対チョコレートかけごはん……)」
読心「(ま、まさか!? よかった、普通のお弁当だ)」
シュ「(実は晩ご飯がチョコレートかけごはん)」
読心「まさかっ!?」
男 「!?」

無反応「……」
読心「……(あれ?寝てる?)」
無反応「……ガバッ」
読心「きゃ――(び、びっくりした)」
無反応「…何でこっち見てるの?」
読心「あ、ごめん。何でもない……(え、あれ?心が読めない?)」
無反応「…何でもない?」
読心「う、うん(おかしいなぁ……?)」
無反応「…ふぅん……スタスタ」
読心「……(どうなってるんだろ?)」

無反応「・・・・・」読書中
読心「無反応、何を読んでいる?(無反応の読む本はセンスがあるからな)」
無反応「・・・・・(・・・・・)」ペラッ
読心「無反応?(やはり来たか。読書中は特に分からないからな)」
無反応「・・・・・(・・・・・)」
読心「・・・・無反応は肌がキレイだな(これでどうだ?)」
無反応「・・・///(・・・恥ずかしい)」
読心「(よしっ!)無反応何を読んでいる?」
無反応「・・・セイント聖矢」
読心「あっ・・・・そうですか(小説じゃなかったのか)」

無反応の本はカバーがしてあることに

男「お~い内気!トイレ行こうぜ」
内「え、でも・・・」
男「いいだろ、男同士なんだしw」
内(・・・実は女なんだけどなぁ)

読「女だったんだ・・・」

テスト中

男「(鎌倉幕府が出来たのはいつですか?えーっと…よいくにつくろう鎌倉幕府だから…4192年!)」
女「(それはないだろ…常識的に考えて…)」

男「(徳川三代将軍は…水戸黄門だ!)」
女「(それは本名じゃない)」

男友「ふうーやっとおわったな。どうだった?(結構簡単だったなあ)」
男「いやーぜんぜんだめだったよ。そっちは?」
男友「俺も俺も(まあみんなこういうよな)」

女「男、補習がんばれよ」
男「え?」

読心「(なにか面白いことないかな)」
シュー「(それでは問題です。)」
読心「(!?)」
シュー「(…やっぱり一人クイズごっこはやめよう)」
読心「(びっくりした…心の中が読まれてるのかと思った。ていうか一人クイズごっこって何?)」
シュー「(そういえば読心ちゃんて大根っぽいな)」
読心「(なにが?私のどこが大根なの!?)」
シュー「(いや、待てよ。もしかしてニンジンかもしれない。もしそうならソカソカの刑だな)
読心「(ソカソカって何?ていうかニンジンだと駄目だの?)」
シュー「(試してみるか)」
読心「(く、来る!!)」
シュー「…」
読心「…」
シュー「…」
読心「…」
シュー「(大根か、杞憂だったな)
読心「(何もしてないのに助かった?ていうか何を試したの?)」
シュー「どうかした?(あ、トマトって黄色だとオシャレかも)」
読心「ごめん、あなたがわからない」

青年「今日はなに食べる?(俺は何でもいいや)(天一こってり!)」
巫女さん「今日は・・・(あっさりしたものがいいですね)天一は・・・・」
青年「天一はこってりしすぎだしね(巫女は天一嫌いかー)(天一ぃだいすきなのに! 巫女のばかん)」
巫女「誰が馬鹿ですか! あんなものラーメンと認めません!(青年さんは天一好きなのかな)」

女「・・・・なにあのカップル・・・二人なのに三人分の声が聞こえる!?」

青年「・・・まあ、天一もあっさりメニューあるからさ、今日は(天一天一きいてたら食いたくなった)(わーいわーい)」
巫女「わかりました・・・・はぁ(あっさりって言っても・・・それなりに濃いんだけどなぁ)」
青年「・・・今度、後ろの幽霊いないときに二人っきりでこようよ(どうすれば、二人っきりになれるかなー)(憑依してるから二人っきりになんかさせませんよー)」

女「幽霊!?」

デート中

女「この服どう思う?」
男「いいんじゃねぇの?(いいんじゃねぇの?)」
女「心でもか。
   そうかそうか、つまり君はそんなやつだったんだ。」
男「んぁ?(んぁ?)」
「女「いや、二回言うな。」
男「言ってねーし。」

女「(妹、塩取ってくれる?)」
妹「(もう、それくらい自分で取りなよぉ。はい)」
父「(兄、醤油取ってくれるか?)」
兄「父さん、何なの、その視線は?」
父「(……醤油、取ってくれないか?)」
兄「えーっと(視線の向きからしてコレか?)」
女&妹&母「(え!?)」
父「……(ソース………冷奴にソースをかけろというのか息子よ)」


兄「(最近、父さんの言いたいことがわかってきた気がするなぁ♪)」