※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中村・ENT首脳会談


  • 本戦の一週間前に中村とENTによる首脳会談が行われる。
  • 首脳会談開始時に、双方にプリンが10個ずつ支給される。
  • この会談の議題は以下である。


トレード




先攻ハンデの決定


  • 1ターン目先手に対するハンデを話し合いにより決定する。


先攻後攻選択決定権


  • 先攻後攻の選択権をどちらが取るか、話し合いにより決定する。
  • 先攻後攻の選択権を取らなかった側は、MAPの自陣を1ライン側にするか、7ライン側にするか決めることができる。


先攻後攻決定


  • 先攻後攻の決定、ならびに、自陣位置の決定を行う。


※当日までにトレードキャラの選定、ならびに先攻ハンデや先攻後攻選択など、また、プリンの使用数などをチーム内で話し合っておくことが望ましい。


【補足】首脳会談における「話し合い」について


  • ゲームバランス調整上、適切と思われる「先攻ハンデ」は人それぞれ異なると思われ、正解というべきものはない。そのため、今回は両チーム代表による話し合いにより、適切な「先攻ハンデ」を決めたいと思う。両チーム代表は 今後のダンゲロスのことを考え、公平なゲームが行えるよう、私心なき気持ちで最適と思われる先攻ハンデをGKに提唱すべきである(棒読み) 。GKは両者の言い分を聞いて、最適と思われる先攻ハンデを選択するだろう。
  • だが、GKはプレイヤーではない。一応は「最適な先攻ハンデ」を探そうとはするが、本質的には先攻ハンデがどうなろうとどうでもいいと思っている。そんなことよりプリンが食べたい。
  • しかし、「先攻ハンデは先攻側全員死亡です」のような無茶な結論が通ることはないだろう。

  • 先攻後攻選択決定権に関しては、譲り合い精神を発揮して気持ちよく決定して欲しい(棒読み)
  • どうしても決まらない時は袖の下が有効となるだろう。