格ツクコンチェルト プロジェクト2D


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 2D格闘ツクール2nd作品の作者9人が結集した制作チーム「プロジェクト2D」の格ツクオールスター作品。初出は2007年11月。通称「P2D」。

 基本的には各作者1人2キャラとなっているが、「妖~あやかし~」および「AXEL CITY」からは1キャラの参加となっており、使用可能キャラクターは総勢16名。偶然にも「2D格闘ツクラーズ ゴールドメンバー」と同数である。使用可能グルーブは全9グルーブで、各キャラクターごとに初期設定グルーブも決まっている。かわりにゴールドメンバーにあったランダムグルーブセレクト、およびグルーブエディット機能は無くなっている。

 対CPU戦はEASY、NORMAL、HARDの3種類の難易度から選択となる。EASYは全6ステージでCPUのガードがかなり甘いので攻略しやすい。NORMALは全10ステージで1ステージクリアごとに難易度が上がっていく。HARDも全10ステージだが最初からCPUの難易度が最高になっている。対戦順もNORMALとは異なる。

 『DIV』からはゴールドメンバーで登場したシワスが引き続き登場。もう1キャラに関してはディセに変わってマーチが参戦している。これはシワスとマーチだと仲の良いコンビとして設定上わかりやすいということと、大柄なはずのディセが他作品のキャラと比べるとそこまで大きく感じず、違和感があるための変更となっている。

 ラストボスはニクス。本作品唯一の新登場キャラとなるが実際にはニキスとほぼ同じ技を使うため完全新キャラと言えるかどうかはやや疑問ではある。ちなみに続編の「プロジェクト2D ClassX」ではニクスもプレイヤーキャラとして使用可能となっている。

 「動物格闘」から参戦している、しんのすけさんには無限コンボが存在するが、続編の「プロジェクト2D ClassX」では該当する技のダウン属性が変更になったため無くなっている。