2D格闘ツクラーズ ゴールドメンバー

 デジタルファミ通時代のコンテストパーク(通称コンパク)で受賞を果たした格闘ツクール作品作者7名が集結し、作成した格ツクオールスター作品。初出は2003年12月、主宰はR.C.氏。

 各作者1人2キャラとなっているが、キングやハンバーガーナースのように原作にはいなかった新キャラで参戦しているケースもある。またアンリに関してはピーアンリという別バージョンが用意されている。

 ちなみに公開時は既にカレンダーレイブが公開されており、『DIV』から参戦しているシワスディセカレンダーレイブの性能がベースとなっている。しかしながら開発時はカレンダーレイブがまだ完成していなかったため、またコンパク受賞作品がカレンダーパーティー2だったこともあり、カレパグルーブはカレンダーパーティー2の性能がベースとなっている。ちなみにカレンダーレイブの性能を持つグルーブは、格ツクコンチェルト プロジェクト2Dおよびプロジェクト2D ClassXのレイブグルーブで登場している。

 ラストボス「千年パズルHG」は脅威の攻撃範囲を持つ強敵だが、シワスの場合、ボスの真下にもぐりこんでMAX技を使うことで大ダメージを与えることができ、一撃で倒せることもある。