スターズパーティー

 「パーティーシリーズ」の第3弾で、今までのシリーズとは異なりアクションゲームとなっている。初出は2008年12月。

 主人公キャラクターとして登場するのはスピカ。他にはスピカの分身ともいえるリバーススピカ、隠しボスとして登場するニキスがいるが、残りは全て人型キャラクターでは無く、モンスタータイプの敵キャラクターが多い。

 システム面ではボタンガード制を採用。ジャンプもボタンで行うことができる。ジャンプは空中で再度入力することにより最大で3段ジャンプまで可能。ちなみに従来の格闘ゲーム同様、移動キー上要素入力でもジャンプができる。攻撃面は大きく分けて直接攻撃とショット攻撃に分かれる。ショット攻撃は遠くの敵を攻撃でき便利な分、SPゲージにより使用回数が制限されている。

 難易度は「3等星モード」「2等星モード」「1等星モード」の3種類。3等星が一番易しく、2等星→1等星の順で難しくなる。難易度が上がるとアイテムの効果、アイテムの有無、敵数、復活敵の復活までの時間などが変化するが、基本的に主人公や敵の強さ、ステージごとに出現する敵の種類にはほとんど変更が無い。3等星モードは難易度が押さえられている反面、ステージ6で終了となる。2等星モードなら最終ステージ(ステージ13)まで遊ぶことができるが、真のボスやエンディングを見るためには1等星モードで、しかも決められた時間内に最終ステージに到達しなければならないため、かなりの難易度となる。

 1等星モードを時間内に、かつ最終ステージを規定スコア以上(またはノーコンティニュー)でクリアするとエンディングのラストにエクストラステージへの条件が表示される。エクストラステージでは1等星モードよりも凶悪な敵配置に加え、ニキスが隠しボスとして出現する。余談だがここで出現するニキスは他の作品で登場したときと年齢が違う。また制作裏話的な位置づけだった「カレンダーパーティー2」、「カレンダーレイブ」と異なり、正式なストーリーとなっている。後の作品「ラメントパーティー」はこのエクストラステージのストーリーから続いているものであり、ここを見ていないとスピカニキス、およびカラーズメンバーと面識があったり、リバーススピカが同行しているいきさつなど、一部ストーリーが理解できない部分が存在する。