カレンダーパーティー

 「夢幻台」名義で公開した初の作品。初出は1999年11月。デジファミ時代のコンテストパークへ投稿するが落選。当時はホームページ等、その他の公開手段を持っていなかったため、事実上の公開終了となる。現在はダウンロード不可。

 登場キャラは「ジャニア」「フェブラ」「マーチ」「プリル」「メイ」「ジューン」「ジュライ」「ガスト」「セプター」「オクト」「ノヴァー」「ディセ」「マウス」の計13キャラ。ただしマウスはボスキャラとしての扱いでストーリーモードでは選択不可能だった。

 システム面では前転・後転、タイプ別チェーンコンボ、ダメージキャンセルなど、その後の作品まで繋がるシステムが登場する一方、投げに対しても無敵なEX前転・EX後転、攻撃避けなど、独自のシステムもあった(EX前転・EX後転はカラーズパーティーのシルエットスライドに継承)。対CPU戦は全10ステージで難易度変更は不可能だった。

 必殺技体系やコスチューム、キャラによっては設定までもが2以降とは異なっているキャラが多い。

 ディセのエンディングの文章中にシワスの名前が登場しているが、この時点ではシワスは男性という設定であり、サンタクロースであることも定まっていなかった。文章中で「ディセ兄ちゃん」という呼び方をしているが現在はこの呼び方は使用していない(現在のシワスはディセに対しては敬語を使う)。