あ行

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

『DIV』作品関連語句のうち、あ行で始まる項目を並べています。

アイヌ(キャラクター)

キャラクター名鑑「アイヌ」参照。

アカトリ(キャラクター)

キャラクター名鑑「アカトリ」参照。

A.S.H(組織・団体)

ラメントパーティーに登場した謎の組織。ミュウラルワレムルが所属している。
現在は『廃』の力についての研究をしているが、この研究の歴史は10年にも満たず比較的浅い。本来は別の研究をしていたとされる。
タイムパーティーセブンスパーティーにも同団体が登場。『廃』の力の基礎研究をしていた頃が描かれており、特にセブンスパーティーではゲーム後半の重要ポイントになる。タイムパーティーの未来編ではネクストアッシュという組織名の団体が存在し、この組織の後継とされている。
職に就けない若者の就職先として進んで受け入れるなど、表向きには評価されている活動も行っている。
これらのこともあり、怪しい実験等を重ねていた(重ねている)にも関わらずラメントパーティーストーリーでプレストたちが立ち入るまで、本格的な立ち入り捜査は行われていなかった。
読み方は正式には『エー・エス・エイチ』だが、廃の力→灰=ASH=アッシュと繋がることで通称『アッシュ』で通っている。
スターズパーティーコーラスパーティーラメントパーティーには倒しても復活する敵「アッシュ」がいることから、アクション3部作の一連の騒動とこの組織と関係があることが分かる。

アスカ(キャラクター)

キャラクター名鑑「アスカ」参照。

アッシュ(敵キャラクター)

スターズパーティーコーラスパーティーラメントパーティーに登場。攻撃パターンが豊富な上、ほとんどのステージにおいて倒しても復活するため厄介な敵キャラ。
アクションゲーム3部作全てに登場し、これらの作品の代表的敵キャラとなっている。
謎の組織「A.S.H」の実験失敗体とも、力を抜かれた職員の成れの果てとも言われているが詳細は現時点では明らかにされていない。『廃』の力を源として動くがその力はやや弱め。
力を使い切ったり、倒したりすると死体を残さず消滅するため「A.S.H」にとって過酷な労働や、公にできない活動にとって非常に都合のよい労働力、という見方もある。

アティルト(キャラクター)

キャラクター名鑑「アティルト」参照。

アヤタカ先生(NPC)

干支ランジェパーティーに登場する、朝蕨小学校の保健の先生。タイムパーティーセブンスパーティーに登場したサヤカ先生と同期。
無料で全回復をしてくれるが、全回復はキャッツの自宅でも可能な上、メインストーリーにも絡んでこないので出番は少なめ。
一応干支ランジェの一人イクタカの子孫である。

アユミ(キャラクター)

キャラクター名鑑「パプル」参照。(アユミとパプルが同一人物であるため、同一ページにまとめている)

アリス(敵キャラクター)

干支ランジェパーティーに登場する干支ランジェの一人。担当干支はリス。
干支ランジェの挑戦を干支の正規軍に伝えるため…という理由でキリンとともに朝蕨小学校に転校してきた。
敵対関係となってはいるがイノと仲良くなったり、キャッツウサミにも親しげに話しかけてくるなど無邪気な一面も見せる。
詩を書くのが趣味らしい。

イアン(キャラクター)

キャラクター名鑑「イアン」参照。

イエロー(キャラクター)

キャラクター名鑑「イエロー」参照。

イオ(敵キャラクター)

干支ランジェパーティーに登場する干支ランジェの一人。担当干支はライオン。干支ランジェのリーダー的存在。
口下手でまとめ役には向かないことを自覚しているが干支ランジェからは信頼されている模様。イノにライオン丸というあだ名を付けられる。

イクタカ(敵キャラクター)

干支ランジェパーティーに登場する干支ランジェの一人。担当干支は鷹。干支ランジェ中で唯一前半パートで戦うことになるキャラ。
ストーリー終盤で干支ランジェと干支の正規軍の共倒れを狙う調律師エトワールの使者の手によってロストさせられてしまう。
しかしエンディング後にニューの手によって復活。調律師エトワールの正体を教えるという条件で彼に協力することになる。
設定年齢は16(戦国時代に死亡時の年齢そのまま)。アリスには「イクちゃん」と呼ばれ慕われているが、ゼシカのセクハラに対しては
危うく首を切り落としそうになる。
ちなみに朝蕨小学校の保健のアヤタカ先生はイクタカ(と恋仲であったエオリスと)の子孫である。

イタイタニック号(船、ダンジョン)

タイムパーティー、大正・昭和編に登場。無料乗船サービスなどを企画する人気客船。大正・昭和編ではストーリー展開でダンジョンの1つとなっている。
かなりの人気を誇っているがそれは乗船員の努力によるところが大きく、船長に関しては素行・言動を初めとして問題のある点が多いと噂になっている。
名前はタイタニック号から取っている。ちなみに現代編でも登場しているが触れても何も起こらずイベントも発生しない。

イチトラ(キャラクター)

キャラクター名鑑「イチトラ」参照。

イノ(キャラクター)

キャラクター名鑑「イノ」参照。

インバス(敵キャラクター)

セブンスパーティー」で登場する「A.S.H」の研究者。あらゆる攻撃に耐え、どんな環境にも適応できる完全生命体「ラメンティア」の研究をしていた。
かつてはカイムとともに研究をしていたこともあるが、研究中の事故でカイムは肉体を失ってしまう。しかしその後も彼独自に研究を進めていた。
本物の人間を使うという研究内容、作られた生命体の姿を見る限りでは非情ではあるが、彼自身は「完全生命体の完成」に重きを置いているようで
完成後の使用目的についてはあまり興味が無い。進んで用いて世界を支配しようという訳では無いが、そのために使われることを止めるわけでも無い。
カイムとは彼が肉体を失う以前から、この意見の相違でも対立が深かった。

セブンスパーティーの4年後の世界である「ラメントパーティー」では、インバス自体は登場しないが、ラメンティアの研究は進められていたようで
不完全ながら発現したラメンティアがラメントパーティーの最終ボスを務めている。さらに「カラーズパーティー~LOST IN EATER~」でも
ラメンティアが出現し最終ボスを務めることから、彼の研究は未だに継続中という見方がされている。インバス本人はワイトの力と姿を借りて
ラッディのアシストキャラとして登場する。

ちなみに未来の世界においてもインバスの研究は一目置かれていたようで、ニューが「過去の文献を参考に作った」というラメンティアが
タイムパーティー」の中ボスとして登場している(ただし不完全)。

ウインター(キャラクター)

キャラクター名鑑「ウインター」参照。

ウーズ(キャラクター)

キャラクター名鑑「ウーズ」参照。

ウサミ(キャラクター)

キャラクター名鑑「ウサミ」参照。

ウシミツ(キャラクター)

キャラクター名鑑「ウシミツ」参照。

エオリス(敵キャラクター)

干支ランジェパーティーに登場する、イクタカの憧れの人物。戦国時代の人物であり現代では特定条件を満たした状態で墓を調べると霊体となって登場する。
ゲーム本編中に明確な描写は無いがイクタカとは後に恋仲になったようで子孫を残している。ちなみに保健のアヤタカ先生が二人の子孫である。
実は初代干支ランジェの一員(担当干支はリス)でもあり、アリスにとっては干支ランジェの直属の先輩に当たる。

エド(キャラクター)

キャラクター名鑑「エド」参照。

エビル(敵キャラクター)

スターズパーティーコーラスパーティーラメントパーティーのアクション3部作に登場する敵キャラクター。「A.S.H」の研究で生まれた実験体の一種。
『廃』の力で動き一見すると生物のようだがその実態は行動をプログラムされた力の結晶体。
名前の由来は「悪」を意味する単語「Evil」から。
グリーブと同様に破壊活動に投入される。飛行が安定せず機動力ではグリーブに劣るが、『廃』の力で産み出す炎の威力は強力で攻撃力ではグリーブに勝る。

エンジロウ(キャラクター)

キャラクター名鑑「エンジロウ」参照。

オータム(キャラクター)

キャラクター名鑑「オータム」参照。

オオノカミ(敵キャラクター)

干支ランジェパーティーに登場する干支ランジェの一人。担当干支は狼。物静かで口数が少ない。
コミュニケーションが苦手のようで目の前にいたはずのキャッツたちに対しても置手紙で会話をするほど。レインスノウという狼を連れている。
ちなみにレインスノウの名前の由来は映画「おおかみこどもの雨と雪」から(雨=レイン、雪=スノウを合わせたもの)。

オクト(キャラクター)

キャラクター名鑑「オクト」参照。