スプリングパーティー

 タイムパーティーセブンスパーティーで登場した面々が、氷漬けになった春の妖精を助けるために奔走するエピソードを描く。初出はとりあか氏主催の「フリゲ展2015春」で2015年3月。作品Noは18。

 「その男子、狂戦士につき(だんご)」「コノハナサクラ(桜)」「花見でいっぱいいっぱい(花粉)」「製菓分け目!森永ヶ原の戦い(たけのこ)」「オッタマ=ジャクシン THIS IS IT(おたまじゃくし)」の5編構成。どのシナリオからでも始めることができ、5編全てをクリアすると最終シナリオ「未来の国から春々と」編が追加され、これをクリアすることでエンディングとなる。

 RPGツクールVX Ace製ではあるが、アクションゲーム要素が極めて強く、1クリアまでの時間は30分かからないほど。またミス=スコアの減少のみで、基本的にゲームオーバーが存在しない。

 各シナリオは基本的にキャラクターを入れ替えながら敵に体当たりするルールとなっている。正解のキャラで触れればスコアを得られるが、間違ったキャラで触れるとスコアが減少する。ステージによってはどちらで触れてもOKな敵、逆にどちらで触れてもスコアが減る敵も存在する。ボスキャラは相性のいいキャラで3回体当たりすることで倒すことができる。

 各シナリオに登場するキャラは、最初の5シナリオは基本的に「タイムパーティーのみで仲間になるキャラ」と「セブンスパーティーのみで仲間になるキャラ」の組み合わせとなっている。チュートリアルと最終シナリオについてはどちらも両方の作品で仲間になるキャラで構成されている。